子ども虐待

更新日:2017年10月26日

子ども虐待とは・・・

親や親に代わる養育者などが、子どもの心身を傷つけ、健やかな成長・発達を損なうような行為をすることを言います。保護者が「しつけ」と思っていても、その行為が子どもにとって有害なら、それは虐待です。大人には子どもを守る義務があります。「もしかしたら虐待では?」と思ったら、「間違いだったらどうしよう…」と思う前にまず連絡を!

オレンジリボンキャンペーン

オレンジリボンには、「子どもに対する虐待を防止する」というメッセージが込められており、この運動のシンボルマークになっています。

児童虐待は子どもに対する重大な人権侵害です

児童虐待は社会全体で解決すべき問題です

児童虐待とは…?

虐待かも?と思ったらご相談ください

子どもや保護者のこんなサインを見落としていませんか?

こんな子どもや親がいたら

ご相談はこちらへ
相談場所 連絡先 受付時間
松山市子ども総合相談 089-943-3200

平日 8:30~21:00
土・日、祝日 8:30~17:00
※年末年始は除く

愛媛県福祉総合支援センター 子ども・女性支援課
(旧:愛媛県中央児童相談所)

089-922-5040  
児童相談所全国共通ダイヤル

189
(いちはやく)

24時間

「違っているかもしれないけれど・・・」「虐待ともいえないけれど危なっかしい」と迷ったら、相談してください。
秘密は守ります。匿名でもかまいません。虐待でなかったとしても迷惑がかかるようなことはありません。
皆様からのご連絡が子どもを虐待から守るための大きな一歩となります。

児童相談所や市町村の相談窓口にご連絡ください

匿名

お問い合わせ

松山市子ども総合相談センター事務所(築山)
松山市築山町12-33(松山市青少年センター内)
電話:089-943-3200  
ファクス:089-943-3070
虐待に関する受付はメールでは行っておりません。お電話でご相談ください。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

幼児教育・保育と子育て支援

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで