医療法人における事業報告書と経営情報について

更新日:2024年5月17日

 医療法人は、毎会計年度終了後3月以内に「事業報告書」の届出に加え、今回新たに「経営情報」の報告が義務化されました。令和5年8月以降に決算期を迎える法人から毎年報告が必要です。報告方法は書面での提出も可能ですが、より便利な医療機関等情報システム(以下、G-MIS)を使用したオンライン報告も可能となっております。下記をご参照いただき、事業報告書の届出及び経営情報の報告をお願いします。

経営情報の報告義務化について

報告方法(G-MIS)等の詳細は、パンフレット内の二次元コードを読み込み、ご参照ください。
なお、紙で提出される場合は、該当の様式を使用し作成をお願いします。

※「様式1-2」と「様式2-2」は、令和6年7月31日までの間に終了する会計年度に係る報告に限る。

事業報告書の様式変更について

 令和5年8月1日から事業報告書の様式が変更されました。 
 今回の変更箇所は事業報告書の様式1内の
2.事業の概要
(1)本来業務   施設の医療機関コード又は介護事業所番号の記載のみです。

事業報告書の閲覧について

※法人番号は、上記リンク内の「医療法人一覧」にてご確認ください。

お問い合わせ

医事薬事課

〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 2階

電話:089-911-1804

E-mail:ijiyakuji@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで