住民異動届出時における本人確認および代理権の確認

平成20年5月1日から住民異動届時の本人確認が法令化されました。

 全国的に本人の知らない間に住民異動届が提出される事件が発生し、窓口での住民異動届の際に、平成20年5月1日から国の主導による本人確認を実施しています。

 代理人が住民異動届をする場合は、代理権の確認を実施します。代理人の本人確認書類の他に委任状などをお持ちください。

(委任状の様式は、こちらを確認してください。)

 なお、本人確認書類をお持ちでない人も届出はできますが、委任状が無いと受付できない場合があります。事前に市民課までお問い合わせください。

 郵送で転出証明書を請求する際は、本人確認書類のコピーを同封してください。また、代理人が請求する際は、代理人の本人確認書類のコピーの他に、委任状なども同封してください。
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

本人確認の方法

窓口における本人確認について

松山市では、以下の方法で本人確認を実施しています。

※(3号書類)を2点提示した場合は、本人確認方法としては認められません。
※その他、口頭質問等により本人確認を行う場合があります。

(1号書類)

運転免許証

パスポート

マイナンバーカード(個人番号カード)

住民基本台帳カード(顔写真付き)

在留カード

身体障害者手帳 など法律の規定による官公署等発行のもの

※上記のいずれも有効期限内のものに限る

運転経歴証明書(平成24年4月1日以降に交付されたものに限る)

(2号書類)

医療保険証

住民基本台帳カード(顔写真なし) ただし、暗証番号の入力ができる場合に限る

年金手帳、年金証書

各種医療受給者証 など法律の規定による官公署等発行のもの

(「氏名+生年月日」または「氏名+住所」の記載があるもの)

※上記のいずれも有効期限内のものに限る

(3号書類)

社員証や学生証 など本人の顔写真が貼付された官公署等以外発行のもの

氏名及び住所の記載された公共料金の領収書

官公署等発行の本人宛郵便物  など一般的に本人しか持ち得ないと考えられるもの

★本人確認書類として認められないもの

有効期限の切れた本人確認書類

本人名義の預金通帳

キャッシュカード

クレジットカード

会員証・ポイントカード など

戸籍謄抄本・住民票の写しなどの証明書類

マイナンバー(個人番号)の「通知カード」
(通知カードは本人確認書類としては使えませんが、住所などに変更があった場合は裏面に新しい内容を記入しますので、必ず窓口へお持ちください。)

代理権(委任状)

委任状の省略できる人および必要な人

法定代理人

異動者と今まで同じ住所に住んでいた人

異動者と新しく同じ住所に住む親族

異動者の直系血族または1親等の直系姻族

上記(委任状を省略できる人)以外の人

委任状の様式は、こちらを確認してください。

お問い合わせ先

お問い合わせ

市民課

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館1階

電話:089-948-6347

E-mail:siminka@city.matsuyama.ehime.jp