このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

道後温泉本館保存修理工事 特設ページ

更新日:2019年8月8日

道後温泉本館の保存修理工事が平成31年(2019年)1月15日からスタートしました。
松山市の宝である道後温泉本館を子や孫の世代まで引き継ぐために必要不可欠なものですので、お客様をはじめ地元の皆さまにはご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

保存修理工事中の周辺道路の混雑緩和にもご理解とご協力をお願いします。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

「道後温泉本館保存修理工事への支援のお願い」

桶募金
桶募金の写真です

道後温泉本館の保存修理工事は
営業しながら行います

120年を超える建物ですから
子どもや孫の世代まで
この道後温泉本館を受け継いでいこうと思ったら
保存修理工事は必要です

「保存修理工事」ですから
今の建物の姿を継承します

「営業をしながら 工事をする」
「工事をしながら 営業をする」ですから
工事期間中もご入浴いただけます

また 本館を上から一望できる冠山にある
「空の散歩道」に眺望施設や足湯を設けたり
工事用の仮囲いにラッピングや映像を投影したり
見学会を開催するなど 工事中だから楽しめる
取り組みを行って参ります
写真を撮影できるポイントも大事にしていきます

「工事か」と言ってうつむいてしまうのではなく
「次代に宝を受け継ぐ為に頑張ろう
力を合わせよう」と
私達は松山市民とともに
乗り越える前向きな気持ちをもって
今後 全国初となる国の重要文化財の公衆浴場を
営業しながらの保存修理工事に挑みます

道後温泉本館を次代に継承するため
職員一丸となって取り組んでまいりますので
ご支援をよろしくお願いいたします
         平成30年10月 松山市

保存修理工事について(概要)

  • 道後温泉本館の文化的価値を保存し、次代に松山の宝を遺していくために、道後温泉本館の保存修理工事を行います。
  • 工事中も一部期間を除き、1階の神の湯で入浴できます。
    営業しながら重要文化財の公衆浴場の保存修理工事をするのは、全国初となります。
    一方、2階と3階の休憩室の利用は休止しています。
    これまでの「休憩室で浴衣をお貸しし、入浴後にお茶とお茶菓子をお出しする」サービスは、本館から130m西側にある、2017年にオープンしました「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」で楽しんでいただけます。
  • 工事は、1期工事と2期工事をあわせて約7年間です。
    1期工事では又新殿・霊の湯棟と南棟を、2期工事では神の湯棟と玄関・事務所棟を工事します。
  • 保存修理工事にあたっては、1つ1つ部材を確認し、価値のある貴重な部材を最大限保存活用していきます。加えて、大地震時でも倒壊しない耐震性能を確保します。

スケジュール

  • 平成31年2月1日(金曜日)からは、北面の入口から入館いただき、入浴のみの営業を行っています。
  • 本館北側にある「玉の石」は工事エリアとなり、現在立ち入ることができませんのでご了承ください。

フォトスポットの確保

工事中も仮囲いは最小限とし、お客様へのフォトスポットを確保します。
素屋根設置後も、本館西側の唐破風や「道後温泉」の看板についてはこれまでどおりご覧いただけます。

本館西側(C)TEZUKA PRODUCTIONS
本館西側の様子(平成31年4月現在)

本館北側(C)TEZUKA PRODUCTIONS
本館北側の様子(平成31年4月現在)

保存修理工事中ならではの取組について

工事中ならではの魅力を発信するため、道後温泉本館と手塚治虫さん※がライフワークとして執筆した「火の鳥」がコラボレーションします。
「道後REBORNプロジェクト」と題して、日本文化の「再生」をテーマに道後温泉の魅力を国内外に伝えていきます。
※本来、手塚治虫さんの「塚」は旧字体ですが、環境によって表現できない場合があるため、便宜上「塚(新字体)」としています。

火の鳥コラボ入浴券

  • 平成31年1月15日から、本館西面(正面玄関前)に「道後REBORNプロジェクト」の日除け幕・灯籠を設置するとともに、「火の鳥」とのコラボ入浴券の使用を開始しました。

西側の写真
(C)TEZUKA PRODUCTIONS チケットの見本です

「火の鳥」オブジェ

  • 平成31年2月1日から、本館入口が北面に変更することにあわせて、明治の改築当時の「二の湯」の入口上に「火の鳥」オブジェを設置しています。

プロジェクションマッピング

平成31年4月27日から、道後温泉本館プロジェクションマッピング
「道後温泉×ネイキッド MESSAGE −火の鳥、到来−」
がスタートしています。
・毎日19:00から21:30まで、15分ごとに実施
道後温泉にまつわる神話時代から飛鳥時代までの歴史絵巻を音と光のデジタルアートで演出します。

ライトアップ企画演出/NAKED Inc. (C)TEZUKA PRODUCTIONS

火の鳥(拡大)(C)TEZUKA PRODUCTIONS

オリジナルアニメーション「火の鳥”道後温泉編”」

  • オリジナルアニメーション「火の鳥”道後温泉編”」を公開しました。
    歴史に多くの足跡を刻む道後温泉を舞台に、手塚治虫のライフワークといえる、永遠の生命のシンボル「火の鳥」の新たな物語が生まれました。
    道後温泉の守り神である、大国主(オオクニヌシ)と少彦名(スクナヒコナ)が登場する「玉の石伝説」をテーマにしたプロローグと、西暦596年の飛鳥時代に道後温泉に聖徳太子が訪れた物語をテーマにした第1話「聖徳太子、来浴」で、時空を超えた物語が展開されます。
    【配信場所】 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。道後REBORN公式サイト(外部サイト)・ポニーキャニオンYouTube公式チャンネル・道後温泉本館西面 モニター上映(毎日8時00分〜21時30分)

ラッピングアート

  • 7月中旬から、道後温泉本館保存修理工事で使用する素屋根全体を装飾し、巨大な火の鳥が登場するラッピングアートが始まります。
    四方の壁面と屋根面の全てにラッピングを施すのは全国でも珍しく、素屋根そのものをキャンバスに、東面の開口部を時空のゲートと捉え、長い歴史の中で道後温泉を形作ってきた人々がタイムスリップしているような歴史絵巻を表現しています。

上空からのイメージ(C)TEZUKA PRODUCTIONS

東面のイメージ(C)TEZUKA PRODUCTIONS

今後も保存修理工事の進捗にあわせて、工事見学会の開催など、工事中ならではの魅力を発信していきます。
詳しくは、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちらのページ(外部サイト)をご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。道後REBORNプロジェクト画像

「道後温泉 空の散歩道」リニューアルオープン

道後温泉本館の南側の冠山にある「道後温泉 空の散歩道」をリニューアルオープンしました。
足湯や東屋、藤棚を設置し、本館をはじめ道後温泉街の眺望を楽しむことができます。

利用時間/朝6時から夜21時まで(足湯)
利用料金/無料

足湯
足湯の写真です

道後温泉本館の周辺車道の通行禁止

道後温泉本館の保存修理工事により、本館の東側と南側の歩道は工事エリアとなるため通行できません。
道後温泉本館の南側・東側の車道は通行量が多いことから、皆様の安全のため、歩行者は通行せず、本館北東側の横断歩道を渡っていただきますようお願いします。

歩行禁止
歩行禁止エリア

保存修理工事中の交通渋滞の緩和について(お願い)

  • 道後温泉本館は周囲を道路(県道・市道)に囲まれているため、保存修理工事に伴い、周辺道路の交通規制や交通混雑などが予想されます。
    本館周辺の通行を避ける迂回の御協力をお願いします。
  • 2月下旬からは、道後温泉本館の南側と東側、北側の一部に仮囲いを設置するため、歩道を通行することができなくなります。
    歩行者の皆さんは、道後温泉本館の北側を通行していただくように、お願いします。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

よくある質問

よくある質問
質問 回答
期間はどのくらいですか。 工期は2018年度から2024年度までの約7年間です。
費用はどのくらいですか。 総事業費はおよそ26億円となっています。

全館休業しますか。
お風呂には入れませんか。

工事中も1階神の湯でお風呂に入っていただけます。
ただ、大掃除など臨時休業日にご注意ください。
工事中は2階で休憩することはできますか。

工事中も1階でお風呂に入っていただけますが、2階と3階の休憩室の利用は休止しています。これまでの「休憩室で浴衣をお貸しし、入浴後にお茶とお茶菓子をお出しする」サービスは、本館から130m西側にある、2017年にオープンしました「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」で楽しんでいただけます。

外観は全て囲われて見れなくなりますか。

建物全体を覆う予定はありません。
工事中も写真撮影をしていただけるよう、必要最低限の囲いで工事を進めていく予定です。
現在の本館の様子は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。道後温泉公式サイトのライブカメラ(外部サイト)でご覧になれます。

工事で今の古びた外観はどうなりますか。

工事にあたっては、価値のある貴重な部材を1つ1つ確認し、最大限保存活用しながら進めていくことが重要です。
ただ、しっくいの壁を塗りなおすなどの外観の変更はございます。

参考資料

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

道後温泉事務所
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6(道後温泉本館)
電話:089-921-5141
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.