このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

道後温泉本館等への評価

更新日:2015年7月15日

国指定重要文化財

平成6年12月27日、道後温泉本館は、初めて公衆浴場として、国の重要文化財に指定されました。
詳細は市文化財課ホームページ

美しい日本の歴史的風土100選

平成19年3月2日、道後温泉は、松山城とともに、(財)古都保存財団の「美しい日本の歴史的風土100選」実行委員会が主催し、次世代に継承すべき美しい日本の歴史的風土が良好に保存されている地域を選ぶ「外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。美しい日本の歴史的風土100選(外部サイト)」に、情緒あるたたずまいが残されていることが評価され、選定されました。

今後、風格ある美しい活力に満ちた地域社会や観光立国の実現のために、また末永く地域の誇りとして皆様に愛されるよう、保存・継承に努めていきます。

道後温泉本館の写真です
道後温泉本館

松山城の写真です
松山城

残したい「日本の音風景100選」

平成8年7月1日、環境庁(今の環境省)は、「全国各地で人々が地域のシンボルとして大切にし、将来に残していきたいと願っている音の聞こえる環境(音風景)」を広く公募し、その音環境を保全する上で特に意義があると認められる100件を、残したい「外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本の音風景100選(外部サイト)」として選定し、道後温泉本館の「刻太鼓(ときだいこ)」も選ばれました。

刻太鼓の写真です

振鷺閣の写真です

近代化産業遺産群 続33

平成21年2月23日、経済産業省では、幕末・明治維新から昭和にかけて、日本の産業近代化に貢献した数多くの建造物や機械、文書等が産業遺産としての価値を有しているとして、それらを地域活性化への活用することが、有効か否かの観点から、各地に現存している産業遺産を公募した結果、道後温泉本館は「社寺参詣や温泉観光・海水浴に端を発する大衆都市旅行の歩みを物語る近代化産業遺産群」に認定されました。
これは、築後100年以上にもかかわらず、道後温泉本館が、今もなお道後温泉地域のシンボルとしてあり続けていることが評価されたものです。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。経済産業省ホームページ

お問い合わせ

道後温泉事務所
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6(道後温泉本館)
電話:089-921-5141
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.