このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 手続 の中の 税金 の中の 軽自動車税 の中の 『坂の上の雲』のまちを走る「雲をイメージしたかたち」のナンバープレート のページです。

本文ここから

『坂の上の雲』のまちを走る「雲をイメージしたかたち」のナンバープレート

更新日:2012年3月1日

「雲をイメージしたかたち」が生まれたわけ

 司馬遼太郎氏の小説『坂の上の雲』を軸としたまちづくりを進める松山市では、平成19年7月から全国で初めてとなる『雲』をイメージしたオリジナルデザインのナンバープレートを導入し、市民のみなさまにも広く広告塔として観光・地域振興にご参加いただき、松山の元気を全国に向けて発信しています。
 通常、ナンバープレートといえば長方形のイメージがありますが、その概念を取り除いた曲線を主体としたすべてが非対称のかたちです。ナンバー標記もこれまでの「松山市」から「道後・松山市」としました。「道後」とは、松山市が全国に誇る観光拠点「道後温泉」の「道後」です。地域の人々に親しんでもらってこそ初めて、松山を訪れる人々にもその魅力が伝わります。
 「雲をイメージしたかたち」のナンバープレートが話題を呼び、新しい物語が生まれることを期待しています。角のない柔らかなイメージは、温暖な気候の松山、そこに暮らす人々の"おおらかさ"をあらわす意味からもふさわしいのではないでしょうか。

図:雲ナンバー
雲ナンバー

「雲をイメージしたかたち」のナンバープレートの新規登録方法

図:排気量別イメージ
排気量別イメージ

手続きに必要なもの

  • 申請書(窓口にあります。)
  • 車体番号を証明するもの
  • 販売譲渡を証明するもの
  • みとめ印

※希望者にはこれまでの長方形ナンバープレートも交付できます

詳しくはこちらをご覧ください。

「雲をイメージしたかたち」のナンバープレートへの交換方法

図:道後・松山市
道後・松山市

手続きに必要なもの

  •  申請書(窓口にあります。)
  •  現在のナンバープレート
  •  みとめ印

※ナンバー交換に伴い保険等の変更手続きが必要となる場合がありますので、ご加入の保険会社等にご確認ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

<注意事項>

ナンバープレートの交付は数字の番号順に交付します。

お問い合わせ

市民税課 軽自動車税担当
〒790−8571 愛媛県松山市二番町四丁目7−2 本館2階
TEL 089-948-6302
※このページに関するお問い合わせは下記まで
E-mail:shminzei@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.