がん健診・18歳からの健診の自己負担金の免除

更新日:2022年3月23日

関連ページ

自己負担金の免除について

次の一覧表の対象者は、「がん検診(胃(胃部X線検査、胃内視鏡検査)・肺・大腸・乳・子宮頸・前立腺)」「18歳からの健診」の自己負担金が無料になります。
健(検)診当日(検体提出日)には、以下の書類が必要になりますので、必ずそれまでにご準備ください。
後日、必要書類を提示や提出されても返金はできません。

自己負担金免除一覧
対象者 がん検診 18歳からの健診 必要書類 申請方法 健診当日

令和2~5年度の4年間限定
松山市国民健康保険にご加入の方 ※

対象 対象外

『愛媛県国民健康保険被保険者証(兼高齢受給者証)』(短期被保険者証でも可) または 『愛媛県国民健康保険被保険者資格証明書』

提示
愛媛県後期高齢者医療にご加入の方 ※ 対象 対象外 『後期高齢者医療被保険証』(短期被保険者証でも可) 提示

市県民税非課税世帯の方

対象 対象

『がん検診自己負担金免除決定通知書』
または
『18歳からの健診自己負担金免除決定通知書』

下記をご参照ください。 提出

生活保護受給者

対象 対象

『保護受給証明書』
(受診する年度に発行しているもの)

担当ケースワーカーに申請 提出
中国残留邦人等の支援給付の受給者 対象 対象

中国残留邦人等に対する『支援給付受給証明書』
(受診する年度に発行しているもの)

担当ケースワーカーに申請 提出

※被保険者証の提示で自己負担金が免除になるのは、松山市国民健康保険や愛媛県後期高齢者医療のご加入期間であり、加入や脱退の手続きをした日ではありません。

市県民税非課税世帯の方の申請方法

市県民税非課税世帯の方の申請方法は、以下の通りです。
対象者 住民票上の世帯全員(16歳以上)が非課税の者
申請場所
  • 松山市保健所(健康づくり推進課 5番窓口)
  • 保健センター(南部分室、北条分室、中島分室)
  • 市役所別館1階 福祉・子育て窓口内(すくすく・サポート市役所)
  • 各支所(出張所は出口出張所のみ)
  • 郵送でも受け付けています。下記のお問い合わせ先までご郵送ください。

※市民サービスセンター(いよてつ高島屋、三越、フジグラン)での申請やお電話での受付は行っておりません。

申請書

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。がん検診・18歳からの健診自己負担金免除申請書兼同意書(PDF:188KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記載例(PDF:245KB)

持参物

本人確認書類(※詳しくはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF:102KB)をご確認ください)
※本人確認書類に代えて、申請書に印鑑(シャチハタ不可)を押印いただくことでも申請可能です。

料金

無料

申請期間

健(検)診日の3週間前まで
※今年度受診分は2月末までに申請してください。3月1日以降は翌年度受診分の申請になります。

【注意事項】

  • 通知書の送付には、申請後3週間ほどかかります。お早目の手続きをお願いします。なお、審査の過程でご連絡を差し上げる場合があります。
  • 課税状況についての年度切り替えは6月のため、最新年度の市民税が確定するまで(年度によって日にちが異なります)は前年度の課税状況で判断します。
  • 同一世帯に未申告の方がいる場合、通知書の送付まで時間がかかる場合があります。
  • 原則として、非課税証明書は不要です。しかし、前年度の1月1日以降に松山市外から転入した方は、1月1日時点の住所地の非課税証明書が必要となります。
  • 決定通知書の送付先は住民登録地です。窓口(松山市保健所のみ)での受け取りも可能です。来庁される方の本人確認書類(顔写真付きのもの。お持ちでない場合はお問い合わせください。)をご持参ください。代理人による受け取りも可能ですが、同一世帯員以外の方が受け取りをする場合は委任状を御提出ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康づくり推進課 健診担当

〒790-0813 松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 1階

電話:089-911-1819

E-mail:kenkou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで