このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

新型コロナウイルス感染症に関する情報について

更新日:2020年3月27日

新型コロナウイルス感染症は、令和2年2月1日に感染症法の「指定感染症」に指定されました。
愛媛県内の情報については外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛媛県ホームページ(外部サイト)をご確認ください。

市内・県内・国内の感染者の発生状況について

松山市内の状況

新型コロナウイルス感染症については、国内の複数地域で発生が報告されており、松山市内でも感染者が発生しました。今後とも、厚生労働省や愛媛県、関係機関と密に連携しながら、迅速で正確な情報提供に努めてまいります。

 1例目感染者の濃厚接触者等26名の検査を実施し、陰性が確認されました。(3月6日)
 関連記者会見(松山市)はこちらから

愛媛県内の状況

愛媛県内他市町の発生状況などについては愛媛県ホームページをご確認ください。

国内の状況

国内の新型コロナウイルスの感染者の発生状況は、厚生労働省ホームページで確認できます。

新型コロナウイルス感染症を予防しましょう

注意マーク

新型コロナウイルス感染症の約8割は軽症で回復します。
・症状は、発熱、咳、息苦しさ、体のだるさなどです
・ただし、高齢者や基礎疾患を持つ方は重症化しやすい傾向があります

予防で最も大切なのは「手洗い」です

  • ウイルスがついた手で知らず知らずのうちに顔を触ると、目、鼻、口などの粘膜から感染します
  • 特にウイルスが付きやすい指先を入念に洗ってください
  • 帰宅時、職場や学校に到着した時、調理の前後、食事前など、生活の中のポイントで手をよく洗いましょう
  • アルコールによる手指消毒も有効です
  • 必ず、液体せっけん(泡でもよい)を使いましょう

正しい手の洗い方(図)
出典:首相官邸ホームページ

感染対策
出典:首相官邸ホームページ

マスクはウイルスの飛散を防ぐために有効です(咳エチケットのひとつ)

  • 咳やくしゃみなどの症状がある人は積極的にマスクをしてください
  • マスクができない時にも他の「咳エチケット」をお願いします

症状のない人が感染予防のためにマスクをしても効果は限られます

  • 屋外などでは、相当混みあっていない限り、マスクの予防効果は認められていません
  • 混みあった場所、換気が不十分な屋内や乗り物などでは感染予防策の一つです

部屋の湿度と定期的な換気も重要です

  • 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します
  • 乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、適切な湿度(50〜60%)を保ちましょう
  • 定期的に換気をしましょう

栄養、休養、睡眠に注意して体の抵抗力を高めましょう

  • ふだんからの健康管理も重要です。栄養、休養、睡眠を十分にとりましょう

集団感染を防止しましょう

  • 風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず、外出される場合にはマスクを着用していただくよう、お願いします。
  • 集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けてください。

密を避けて外出しましょう
出典:首相官邸ホームページ

発熱や咳などの症状がある方へ

季節性インフルエンザの流行は落ち着いてきましたが、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、風邪等の症状が長引くなど心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等にご相談ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染症に備えて〜ひとりひとりができる対策を知っておこう〜(首相官邸ホームページ)

また、新型コロナウイルス感染症情報のLINE公式アカウント(厚生労働省)で、新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を確認することができます。友達追加はこちらから外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://lin.ee/qZZIxWA(外部サイト)

新型コロナウイルス感染症に関するご質問はこちらをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナウイルス感染症に関するQ&A(松山市)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。よくあるお問い合わせをまとめました(厚生労働省ホームページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Q&A:一般の方向け(厚生労働省ホームページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Q&A:医療機関・検査機関の方向け(厚生労働省ホームページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Q&A:企業(労務)の方向け(厚生労働省ホームページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Q&A:労働者の方向け(厚生労働省ホームページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Q&A:関連業種の方向け(厚生労働省ホームページ)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。Q&A:発生状況や行政の対策(厚生労働省ホームページ)

一般相談

新型コロナウイルス感染症に関する一般的なご質問やご相談は、以下の相談窓口にご連絡ください。

一般電話相談(県市共通)

電話番号

受付時間

089-909-3468

24時間対応(土・日・祝日含む)

令和2年3月7日(土曜日)午前9時から、愛媛県と松山市の合同で新たに電話相談窓口を設置したため、従来の電話番号から変更しています。

帰国者・接触者相談センター

帰国者・接触者相談センターでは、新型コロナウイルス感染症の疑い例に該当する方からの電話相談を受け、医療機関への受診調整を行います。

次の症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

下記の要件も確認したうえで、新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、受診していただく医療機関を調整します。

感染が疑われる患者の要件

  1. 発熱または呼吸器症状があり、新型コロナウイルス感染症であることが確定した方と濃厚接触歴がある方
  2. 37.5度以上の発熱と呼吸器症状があり、発症前14日以内に「WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域」に渡航または滞在していた方
  3. 37.5度以上の発熱と呼吸器症状があり、発症前14日以内に「WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域」に渡航または滞在していた方と濃厚接触歴がある方
  4. 発熱、呼吸器症状その他感染症を疑わせるような症状のうち、医師が集中治療が必要であり、特定の感染症と診断することができないと判断し、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要する方

<WHOの公表内容から新型コロナウイルス感染症の流行が確認されている地域>

  • 中華人民共和国(湖北省、浙江省)
  • 大韓民国(大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡、軍威郡)
  • サンマリノ共和国、アイスランド共和国、アイルランド共和国、アンドラ公国、イタリア共和国、エストニア共和国、オーストリア共和国、オランダ王国、スイス連邦、スウェーデン王国、スペイン王国、スロベニア共和国、デンマーク王国、ドイツ連邦共和国、ノルウェー王国、バチカン、フランス共和国、ベルギー王国、ポルトガル共和国、マルタ共和国、モナコ公国、リヒテンシュタイン公国、ルクセンブルク大公国

<濃厚接触者とは>

「患者(確定例)」が発病した日以降に接触した者のうち、次の範囲に該当する者である。

  • 患者(確定例)と同居あるいは長時間の接触(車内・航空機内等を含む)があった方
  • 適切な感染防護無しに患者(確定例)を診察、看護もしくは介護していた方
  • 患者(確定例)の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方
  • その他:手で触れること又は対面で会話することが可能な距離(目安として2メートル)で、必要な感染予防策なしで、「患者(確定例)」と接触があった方(患者の症状などから患者の感染性を総合的に判断します)。

新型コロナウイルス感染症に感染している疑いがある方に、専門医療機関(帰国者・接触者外来)での診療を受けていただくため、
可能な限り、平日9時00分から17時00分までにおかけくださいますようお願いします

夜間・休日はお近くの医療機関への受診が困難な場合や、受診先の医療機関が決まるまでに時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。

帰国者・接触者相談センター(県市共通)
電話番号
受付時間

089-909-3483

24時間対応(土・日・祝日含む)

令和2年3月9日(月曜日)21時から、愛媛県と松山市の合同で新たに電話相談窓口を設置したため、従来の電話番号から変更しています。
「帰国者・接触者相談センター」は、疑い例に当てはまる方を専門医療機関につなぐための窓口ですので、一般的な相談は、一般相談窓口(089-909-3468)をご利用くださいますようお願いします。

厚生労働省の相談窓口について

厚生労働省の電話相談窓口

厚生労働省では1月28日18時から、新型コロナウイルスに係る電話相談窓口(コールセンター)を設置しています。(受付時間:毎日9:00〜21:00)

  • 電話番号(フリーダイヤル):0120-565653

聴覚に障害のある方をはじめ電話でのご相談が難しい方

聴覚に障害のある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、厚生労働省FAX(03-3595-2756)をご利用いただくか、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

医療機関の皆様へ

新型コロナウイルス感染症について(医療機関向け)

海外へ渡航を予定されている方へ

海外への渡航を予定されている方は、以下のサイトで感染症の発生状況等をお知らせしていますのでご確認ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省検疫所FORTHホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。外務省海外安全情報ホームページ

その他のお知らせ

松山市からのお知らせ

以下の情報は松山市トップページからご確認いただけます。松山市トップページはこちらから

  • 関連記者会見
  • イベントの延期・中止の情報
  • 小・中学校に関する情報
  • 新型コロナウイルス感染症に便乗した消費者トラブル
  • その他のお知らせ

各種ご質問について

旅館業営業者の皆様へ

イベント開催に関する国民の皆様へのメッセージ(厚生労働省)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。イベント開催に関する国民の皆様へのメッセージ(厚生労働省)(外部サイト)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

※新型コロナウイルス感染症に関する相談は、ページ内の相談電話番号にお問い合わせください
保健予防課
〒790-0813
愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 1階
電話:089-911-1856
E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp
ファクス番号:089-923-6062

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.