インフルエンザが流行しています

更新日:2024年2月1日

松山市では、令和5年第42週(10月16日~22日)に、定点報告数が39.65人となり、警報レベルの基準値を超えました。(警報基準値:30)
令和6年第1週以降感染者が急激に増加しており、注意が必要です。一人ひとりが感染防止対策を心がけていただき、感染拡大を防ぎましょう。
 
最新の感染対策に関する情報はこちらからご確認ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。インフルエンザ情報(2023/2024シーズン)【愛媛県感染症情報センター】(外部サイト)
  

インフルエンザ対策のポイント

・外出後の手洗いやアルコール製剤による手指消毒
・効果的な場面でのマスクの着用などの咳エチケット
・適度な湿度の保持や換気を行う
・人混み等への外出を控える
・栄養や休養をとり抵抗力を高める

予防接種

予防接種は、発症をある程度抑え、重症化を予防する効果があるとされています。かかりつけ医と相談し、早めの予防接種をご検討ください。
 
【令和5年度】高齢者のインフルエンザの定期接種について
 

異常行動について

インフルエンザにかかった際には、抗インフルエンザウイルス薬の服用の有無に関わらず、飛び降りなどの異常行動をおこすおそれがあります。自宅で療養する場合は、発熱から少なくとも2日間は、転落事故に対する対策を講じてください。

インフルエンザに関する各種情報

お問い合わせ

保健予防課 感染症対策担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 1階
電話:089-911-1815  FAX:089-923-6062
E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで