このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

住宅用火災警報器

更新日:2017年9月20日

住宅用火災警報器の設置はお済みですか?

全国的に住宅火災による犠牲者が急増していることから、平成16年に消防法の一部が改正され、それを受けて松山市火災予防条例で以下のとおり定められました。

  • 新築住宅は、平成18年6月1日から
  • 既存住宅は、平成23年6月1日から

「住宅用火災警報器」の設置が義務となりました。

住宅火災で亡くなる人の数は、全国で毎年1,000人を超えており、そのうち6割以上が65歳以上の高齢者となっています。

住宅火災で亡くなる原因の多くは「逃げ遅れ」です。住宅用火災警報器は火災の煙を早期に感知して、あなたやあなたの家族の「いのち」を守ります。

住宅用火災警報器とは?

火災発生時の煙や熱を感知し、ブザーなどで知らせてくれます。

天井取付け型(煙)
天井取付け型(煙)

天井取付け型(熱)
天井取付け型(熱)

  • 煙感知器

周囲の空気が一定の濃度以上の煙を含むに至ったときに作動するものです。

  • 熱感知器

一局所の周囲の温度が一定の温度以上になったときに作動するものです。

使用される環境によっては非火災報が発生する場合があります。

住宅用火災警報器PR動画

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。今すぐ設置してください「住宅用火災警報器」(外部サイト)「政府インターネットテレビ」リンク
「住宅用火災警報器」設置の基本についてわかりやすく説明してある動画です。

住宅用火災警報器Q&A

住宅用火災警報器の不具合の発生について

住宅用火災警報器が鳴った時の対処方法や維持・管理について

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。住宅用火災警報器が鳴った時の対処方法

効果のあった事例

住宅用火災警報器は火災の早期発見に大変有効です。ここでは、松山市内で発生した火災で住宅用火災警報器が活躍した事例を紹介します。住宅用火災警報器を設置していたおかげで、大事には至らなかった事例がこれまでに34件報告されています。(平成29年6月末日現在)

寝たばこをしてしまい・・・
寝たばこをしてしまい・・・

揚げ物中に・・・
揚げ物中に・・・

線香をつけたまま買い物へ・・・
線香を付けたまま買い物へ・・・

コンロに鍋をかけたまま・・・
コンロに鍋をかけたまま・・・

悪質な訪問販売にご注意ください(設置済みシール)

一般住宅における住宅用火災警報器が義務化となり、それに伴い、悪質な訪問販売の増加が予想されます。下記の「悪質な訪問販売にご注意ください」を参考に悪質な訪問販売の被害にあわないよう十分注意してください。

また松山市消防局では、住宅用火災警報器を設置している世帯に「住宅用火災警報器 設置済みシール」を配布しています。

玄関先などの目立つところに貼ってください。

住宅用火災警報器を設置している住宅にお住まいで、シールをご希望される方は、消防局予防課または最寄りの消防署にお越しいただければお渡しいたします。
ただし、ひとつの住宅に1枚です。
数に限りがありますので、お早めにお越しください。

住宅用火災警報器設置済みシール

設置済みシールを貼っていると、こんな効果が!

悪質な訪問販売の防止

シールには「訪問販売お断り」と明記しています。
シールを貼ることで、悪質な訪問販売者を未然に防ぐ効果があります。

安全で安心なまちづくりに繋がります。

ご近所や地域の方に、住宅用火災警報器の設置の輪が広がり、安全で安心なまちづくりに繋がります。

防火意識を向上できます。

住宅用火災警報器の設置を意識していただくことで、防火意識の向上にも繋がります。

横断幕の設置による啓発

 本市住宅用火災警報器の更なる設置促進を図るため、啓発用の横断幕(縦150センチメートル×横900センチメートル)を作成しました。
 公共施設等に掲示しています。

横断幕掲示風景
横断幕掲示風景

横断幕掲示風景
横断幕掲示風景

住宅用火災警報器 松山市の設置状況(平成29年6月時点)

住宅用火災警報器の設置状況が総務省消防庁から発表されました。
  設置率 条例適合率
全国 81.7% 66.4%
愛媛県 81.2% 70.4%
松山市 92.0% 88.0%
  • 設置率とは・・・市町村の火災予防条例において設置が義務付けられている住宅の部分のうち、一箇所以上設置されている世帯(条例適合世帯を含む)の全世帯に占める割合。
  • 条例適合率とは・・・市町村の火災予防条例において設置が義務付けられている住宅の部分全てに設置されている世帯(条例適合世帯という)の全世帯に占める割合。

はっぴーカバー君
命を守るために住宅用火災警報器をつけよう!!

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

予防課
〒780-0811 愛媛県松山市本町六丁目6−1
電話:089-926-9247
E-mail:sbyobou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.