松山市鳥獣被害防止施設等資材購入費補助金

更新日:2021年7月15日

内容

 松山市の中山間地域や島しょ部などで、イノシシなどによる農作物被害が問題となっており、松山市では、農地への侵入防止のために施設(電気柵、金網、トタン板など)を設置する農家の方に対して支援を行っています。

補助金の交付を受けることができる人

 以下の条件を全て満たす方に対して、補助金を交付します。

  • 松山市内に住所があり、市内で農業を営んでいる個人又は団体であること。
  • 松山市税を完納していること。

補助の対象となる経費

 松山市内の耕作農地に被害防止施設(電気柵、金網、トタン板など)を新設する場合に必要な資材の購入費用が補助の対象です。

  • 資材を購入する店舗は、松山市内の店舗に限ります。
  • 補助回数は1申請者につき年度内に1回限りです。
  • 一度市の補助により設置した部分への重複設置は、たとえ資材の種類が異なっても補助対象となりません。
  • 申請年度内に購入した資材が対象です。

補助金の額

(1)個人で設置する場合(施設の延長が100メートル以上のもの)

  • 認定農業者及び青年等就農計画の認定を受けた農業者については、補助対象経費又は標準事業費のいずれか低い額の2分の1以内(上限は3万円)
  • それ以外の農業者については、補助対象経費又は標準事業費のいずれか低い額の3分の1以内(上限は2万円)

(2)2戸以上の農業者が共同で設置する場合(施設の延長が300メートル以上のもの) 〔受益地が連続する農地であることが条件です。〕

  • 補助対象経費又は標準事業費のいずれか低い額の2分の1以内(上限は50万円)

(3)地元組織(中山間集落協定など)で設置する場合(施設の延長が300メートル以上のもの)

  • 補助対象経費又は標準事業費のいずれか低い額の2分の1以内(上限は50万円)

※標準事業費は、施設の延長1メートル当たり450円となります。

その他

 請求までの手続きの流れや、申請書等については、下記の添付文書をご覧ください。また、詳細に関するお問合せは、農水振興課までお願いします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

農水振興課

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階

電話:089-948-6567

E-mail:nousuisinkou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで