陽性者数等の推移

更新日:2022年10月4日

先週の感染状況

先週1週間の感染動向(令和4年9月25日から10月1日)

  • 9月26日(月曜日)から全数届出が見直されたことに伴い、それまでは市保健所が対応した陽性者数を公表していたところ、現在は市内の医療機関で陽性が確認された人数を公表している。
  • 1週間の陽性者数は1,064名(1日平均152名)で、単純に比較すると、前の週から0.77倍に減少した。
  • 10歳未満が全体の18.4%と最も多く、次いで10代が17.1%、親世代の30代が16.6%を占めている。
  • 陽性者の82.6%が40代以下の若い世代

<市民の皆さんへのお願い>

  • 地方祭やイベントに伴う感染拡大に注意が必要です。引き続き、不織布マスクの適正な着用、定期的な手洗いと換気、密接しない・密集しない・密閉しない「ゼロ密」を徹底してください。
  • 12歳以上の方へ、オミクロン対応ワクチンの接種を開始しています。接種可能な方は、早目のワクチン接種を検討してください。

期間毎の推移

陽性者の推移【年代別】(週単位)

クラスターの確認状況(週単位)

推移

陽性者数の推移(愛媛県との比較)

※9月26日(月曜日)から、全国一律で感染症法に基づく医師の届出(発生届)の対象が65歳以上の方、入院を要する方など4類型に限定されたことに伴い、9月27日(火曜日)公表分から集計方法が変更されています。

  • 令和4年6月下旬に、県内で初めて感染力の強い「BA.5系統のオミクロン株」が確認され、感染が急拡大しました。7月12日(月曜日)には、県内の感染レベルが「特別警戒期間」に引き上げられ、8月9日(火曜日)には「BA.5対策強化宣言」、8月23日(金曜日)には「BA.5医療危機宣言」が発出されました。
  • 本市でも8月17日に過去最高の1623人を記録しましたが、その日をピークに減少傾向にあります。
  • 9月16日(金曜日)に、「BA.5対策強化宣言」、「BA.5医療危機宣言」が終了しましたが、引き続き特別警戒期間中です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健福祉政策課

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階

電話:089-948-6823

E-mail:hokenseisaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで