このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

日本一のアボカド産地づくり

更新日:2021年4月8日

目的

アボカドの果実の写真

アボカドは、ビタミンやミネラルが豊富な果物で、消費者の健康志向の高まりから、日本国内での消費量が急速に伸びています。しかし、輸入がほとんどであり、国内には産地がないことから、他の地域に先駆けて、アボカド産地化を進め、農業者の所得向上に繋げていきます。

取り組み

みかん・伊予柑からの転換作物の一つとして、平成21年から、アボカドの産地づくりに取り組み、アボカド苗の分譲をおこないました。しかし、アボカドの苗は寒さや干ばつに弱く、植え付け後に多くの苗が枯死してしまいました。これまでの失敗経験をもとに、苗作りや、栽培指導等の改良を重ね、産地作りを進めています。
松山での主要品種は、ピンカートン・フェルテ・ベーコンです。

アボカド苗について

アボカド苗は、「松山市優良種苗供給事務取扱要綱」に沿って分譲しており、松山市民の方(認定農業者や生産組織又は営農集団等の要件あり、詳細は要綱のとおり)が対象となっています。

アボカドの定植講習会の写真
(1)アボカドの定植講習会

アボカドの現地講習会の写真
(2)アボカドの現地講習会

アボカドの高接ぎの写真
(3)アボカドの高接ぎ

農業指導センターハウス

松山市農業指導センターでは、苗の生産のための、穂木取り用や、各試験をかねて栽培しています。
なお、センターは、松山市のなかでも寒い地域に位置し、冬季に-4℃以下になることがあるため、露地栽培では、ほとんど枯死してしまいます。そのため、ハウスで栽培をしています。
 <写真 定植6年目のピンカートン種>

平成26年2月満開の様子の写真
(1)平成26年2月満開の様子

平成26年7月結実の様子の写真
(2)平成26年7月結実の様子

視察について

現在、農業指導センターへの視察は、ご遠慮いただいております。
ご質問がありましたら、お電話にてお問い合わせください。

農業指導センターのご紹介

農業指導センターについて詳しく知りたい方はこちらへ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.