調理師免許

更新日:2033年3月10日

調理師の資格を取得するには、次のニつの方法があります。

方法1.
飲食店や給食施設などで、2年以上の調理業務経験を経た上で、各都道府県の実施する調理師試験を受け、合格した後に、住所地の都道府県知事に免許を申請し、取得します。なお、愛媛県の試験については、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛媛県ホームページ(外部サイト)をご確認ください。

方法2.
厚生労働大臣により調理師養成施設として認可された学校を卒業し住所地の都道府県知事に免許を申請し、取得します。

免許申請について

試験に合格あるいは養成施設を卒業しただけでは、免許証は交付されません。必ず免許申請の手続が必要です。

試験合格者

1.調理師免許申請書
2.合格証書およびそのコピー
3.戸籍謄本若しくは抄本若しくは住民票の写し(戸籍を表示した者)又は外国人登録証明書の写し(発行日から6カ月以内のもの)
※住民票の写しは個人番号(マイナンバー)の記載のないもの
※旧姓併記を希望する人は、

・戸籍謄本若しくは抄本により申請する場合は併記を希望する旧姓の記載されている戸籍から、現在の氏が記載されている戸籍に至るすべての戸籍謄本等

・住民票の写しにより申請する場合は、併記を希望する旧姓の記載されている住民票の写し

※外国人における通称名を希望する人は、通称名が登録された住民票の写し
4.医師の診断書(麻薬、あへん、大麻若しくは覚せい剤の中毒者であるかないか)(3カ月以内のもの)
5.手数料5,700円 (愛媛県収入証紙)

養成施設卒業者

1.調理師免許申請書
2.卒業証明書または卒業証書の原本およびその写し
3.履修証明書
4.戸籍謄本若しくは抄本若しくは住民票の写し(戸籍を表示した者)又は外国人登録証明書の写し(発行日から6カ月以内のもの)
※住民票の写しは個人番号(マイナンバー)の記載のないもの
※旧姓併記を希望する人は、

・戸籍謄本若しくは抄本により申請する場合は併記を希望する旧姓の記載されている戸籍から、現在の氏が記載されている戸籍に至るすべての戸籍謄本等

・住民票の写しにより申請する場合は、併記を希望する旧姓の記載されている住民票の写し

※外国人における通称名を希望する人は、通称名が登録された住民票の写し
5.医師の診断書(麻薬、あへん、大麻若しくは覚せい剤の中毒者であるかないか)(3カ月以内のもの)
6.手数料5,700円 (愛媛県収入証紙)

その他(免許証の書換、再交付など)

Q1.免許証の記載事項に変更があるとき。(例:結婚等で名前が変わった。)
A1 免許を発行した都道府県で書換・名簿訂正申請をしてください。
 愛媛県発行の場合は・・・
1.書換交付申請書
2.名簿訂正申請書
3.免許証
4.・戸籍謄本又は抄本(理由や生じた年月日が記載されているもの)(発行日から6カ月以内のもの)
 ・中長期在留者、特別永住者及び短期在留者は変更事項を証明できる書類
5.手数料3,200円 (愛媛県収入証紙)

Q2.免許証を紛失・破損した。
A2.免許を発行した都道府県で再交付申請をしてください。
 愛媛県発行の場合は・・・
1.再交付申請書
2.免許証(破損のとき)
3.手数料3,700円 (愛媛県収入証紙)

Q3.免許証の記載事項に変更があるが、免許証を紛失した。
A3.免許を発行した都道府県で再交付申請・名簿訂正申請をしてください。
 愛媛県発行の場合は・・・
1.再交付申請書
2.名簿訂正申請書
3.・戸籍謄本又は抄本(理由や生じた年月日が記載されているもの)(発行日から6カ月以内のもの)
 ・中長期在留者、特別永住者及び短期在留者は変更事項を証明できる書類
4.手数料3,700円 (愛媛県収入証紙)

※松山市保健所では、松山市在住の方の申請を受け付けております。ただし、他の都道府県で免許交付後、書換交付申請や再交付申請を行う場合は、交付を受けた都道府県庁へお問い合わせください。

※いずれの場合も、旧姓併記や外国人における通称名併記を希望する場合等の詳細については下記までお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生活衛生課 食品衛生担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所1階
電話:089-911-1808 FAX:089-923-6627
E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで