このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

個人情報の開示請求など

更新日:2016年4月1日

目次

開示請求

個人情報の開示請求

どなたでも、実施機関が保有する自己の個人情報の開示を請求することができます。

  • この場合、具体的な個人情報を特定して請求していただくとともに、運転免許証など本人確認ができる書類を持参していただいた上で、市の窓口での「本人確認手続」が必要になります。本人確認手続のために必要となる書類については、下の表を参照してください。
  • 開示請求書が提出されると、実施機関は、原則として15日以内に開示をするかどうかを決定し、通知書でその結果をお知らせします。
  • 個人情報の開示を受ける場合も本人確認が必要となります。
  • 請求及び閲覧に係る手数料は、無料です。
  • 写しの交付を受けようとする場合は、手数料が必要です。金額については、下の表を参照してください。

    (個人情報開示請求書のダウンロードのページ)

個人情報の開示義務

  • 請求された個人情報は、次のような情報を除き、原則開示しています。

1.法令秘情報 
  法令の規定又は法的に従う義務を有する国等の指示により開示できない情報

2.本人安全保護情報
  開示請求者の生命、健康、生活又は財産を害するおそれがある情報

3.第三者(個人)情報
  開示請求者以外の個人に関する情報で、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により開示請求者以外の特定の個人を識別することができる情報

4.第三者(法人等)情報
  法人その他の団体に関する情報又は開示請求者以外の事業を営む個人の情報であって、次に掲げる情報
  ア 開示することにより、当該法人等又は当該個人の権利、競争上の地位その他正当な利益を害する情報
  イ 開示しないことを条件として任意に提供された情報で、法人等又は個人における通例として開示しないこととされている情報

5.公共安全保護情報
  人の生命、健康、財産又は社会的な地位の保護、犯罪の予防、犯罪の捜査その他の公共の安全と秩序の維持に支障が生じる情報

6.国等協力関係情報
  市と国、独立行政法人等、他の地方公共団体等との協力関係又は信頼関係を著しく損なう情報

7.審議、検討又は協議関係情報
  市及び国等の内部又は相互間における率直な意見の交換若しくは意思決定の中立性を不当に損なう情報など

8.事務事業執行情報
  市又は国等が行う事務事業に関する情報であって、開示することにより、当該事務事業の適正な執行に支障を及ぼす情報など

写しの交付にかかる手数料

手数料一覧
行政情報の種類 公開方法 費用
文書,図画及び写真 閲覧 無料
写しの交付  A3版までモノクロ片面10円
マイクロフィルム 用紙に出力したものの閲覧  無料
用紙に出力したものの交付  A3版までモノクロ片面10円
電磁的記録 視聴 無料
用紙に出力したものの閲覧 無料
用紙に出力したものの交付 A3版までモノクロ片面10円
複写したものの交付 光ディスク代金など

「本人確認手続」とは

  • なりすましや不正請求を防ぐために、運転免許証などの公的書類を提示していただき、面談などによって、請求者が本人であるかどうかを確認することです。

訂正請求

個人情報の訂正請求

開示決定に基づき開示を受けた自己の個人情報や、他の法令の規定により実施機関から開示を受けた個人情報について、その内容が事実でないと思われるときは、その本人は、その訂正を請求することができます。この場合市窓口での「本人確認手続」が必要です。本人確認手続のために必要な書類については、下の表を参照してください。

  • 個人情報の訂正請求は、原則として個人情報の開示を受けた日の翌日から起算して90日以内にすることができます。
  • 訂正請求書が提出されると、実施機関は、原則として30日以内に訂正をするかどうかを決定し、通知書でその結果をお知らせします。

利用停止請求

個人情報の利用停止請求

開示決定に基づき開示を受けた自己の個人情報や、他の法令の規定により実施機関から開示を受けた個人情報について、その本人は、

  1. 個人情報が条例に違反して収集されている、又は条例に違反して利用されていると思われるときは、その個人情報の利用の停止又は消去を請求することができます。
  2. 個人情報が条例に違反して提供されていると思われるときは、その個人情報の提供の停止を請求することができます。
  • いずれの請求も、市窓口での「本人確認手続」が必要です。本人確認手続のために必要な書類については、下の表を参照してください。
  • 個人情報の利用停止請求は、個人情報の開示を受けた日の翌日から起算して90日以内にすることができます。
  • 利用停止請求書が提出されると、実施機関は、原則として30日以内に利用停止をするかどうかを決定し、通知書でその結果をお知らせします。

本人確認手続のために必要な書類の例(有効期限があるものについては、有効期限内のものに限ります。)

1点の提示でよいもの
提示書類
運転免許証 パスポート マイナンバーカード
(個人番号カード)
戦傷病者手帳 身体障害者手帳 船員手帳
海技免状 猟銃・空気銃所持許可証 宅地建物取引士証
電気工事士免状  無線従事者免状 在留カード又は特別永住者証明書

(2点提示が必要なもの(A+A又はA+Bの組み合わせに限ります。))

A
提示書類
年金証書又は年金手帳 健康保険の被保険者証 恩給等の証書
介護保険証 各種医療受給者証  
B
提示書類
高校・大学の学生証 民間企業の社員証 「住所及び氏名」の記載された「公共料金」の領収書

お問い合わせ

文書法制課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館6階
電話:089-948-6866
E-mail:bunsho@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.