松山市の位置・気候・地形・人口

位置

 愛媛県のほぼ中央にある松山平野に位置しています。
 市役所は、東経132度46分、北緯33度50分。東京に比べて経度で7度の差があり、夜明けと日没ともに28分ほど遅くなります。

松山市周辺および位置

気候

 松山市の気候は温暖な瀬戸内海気候で、年平均気温16.5度です。年間降水量は約1,300mmで、6月に多く12月に少ない夏雨型となっています。
 全体に降水量は少なめで、積雪もごく少量、台風の通過も太平洋側の高知県や徳島県に比べれば少なく、穏やかで恵まれた気候条件です。

地形

 松山市は、北西部の瀬戸内海に浮かぶ中島から高縄山系のすそ野の平野を経て、重信川と石手川により形成された松山平野へと広がっています。

松山市のあゆみ

 明治6年愛媛県庁が設置され、県都となり、明治22年12月15日市制を施行以来、政治・経済の中心都市として成長し、また、俳人正岡子規をはじめ、多くの文人を輩出するなど地方文化の拠点としての役割を果たしてきました。

 昭和20年、市街地の大部分を戦災により焼失しましたが、今日では総合的な都市機能を備え、平成12年4月には中核市へと移行し、平成17年1月には北条市・中島町と合併し四国初の50万都市となりました。

人口・面積

R2年4月1日現在推計人口(直近の国勢調査を基に、出生・死亡・転出入などを加減した人口)

その他