災害に備えて「マンホールトイレ」の整備を進めています

更新日:2021年8月13日

マンホールトイレ

 大きな地震が起こった時には、避難所のトイレが使用できなくなることが想定されています。そこで、松山市公営企業局では、災害時でも水洗トイレに近い環境が用意できるマンホールトイレの整備を進めています。
 マンホールトイレは、専用のマンホールの上に便器やテントを組み立てるだけで使用できるため、地元の自主防災組織などで容易に設置することができます。
 松山市公営企業局では、令和9年度までに市内下水道整備区域内の小中学校50校を対象に、マンホールトイレの整備を進めていく予定です。


マンホールトイレ


マンホールトイレの構造

「マンホールトイレ」を整備した小中学校(令和3年4月1日現在)

小学校(五十音順)

・新玉小学校
・桑原小学校
・東雲小学校
・生石小学校
・椿小学校
・番町小学校
・みどり小学校
・宮前小学校

中学校(五十音順)

・城西中学校
・椿中学校
・道後中学校
・西中学校
・垣生中学校
・北条北中学校
・雄新中学校
・余土中学校

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

下水道管理課

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 第3別館2階

電話:089-948-6956

E-mail:kg-gesuikanri@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで