水道の漏水について

更新日:2021年4月1日

道路上やメーターボックス内などの漏水

道路上や水道メーターから道路側、メーターボックス内の漏水、止水栓不良は公営企業局が修理を行いますので、水道管路管理センターの管路維持管理担当(電話:089-989-8473)にご連絡ください。

宅地内での漏水

蛇口の水が止まらないときは

蛇口の漏水やガタガタする音は、コマがすり減ったために起こります。
蛇口の中のコマを取り替えてください。
コマの取替え方は「蛇口漏水のなおしかたは」をご覧ください。
コマを取り替えても漏水が止まらない場合は、蛇口本体に原因があります。
下記へ連絡し、修理してください。

【連絡先】
松山市指定給水装置工事事業者
または
松山市管工事業協同組合(電話:089-925-2021)

急に水道料金が高額になったときは

まず、漏水していないか点検をしましょう。
見た目に分からない漏水は、水道メーターで確認できます。
メーターの確認の仕方は「メーターの見方」をご覧ください。

漏水のチェックポイント

  1. 蛇口の閉まりの悪いところはないか。
  2. 使用していないのに、トイレの水が流れていないか。
  3. 水道管を埋めている付近の壁や地面が濡れていないか。
  4. 受水槽や高置水槽で水があふれたり、漏れたりしていないか。

漏水している場合は、下記へ連絡し、修理してください。

【連絡先】
松山市指定給水装置工事事業者
または
松山市管工事業協同組合(電話:089-925-2021)

水道料金減額申請

地下や建物の壁内での漏水が原因で給水管を修理した場合は、水道料金を減額する制度があります。
(漏水の調査・修理費用は、お客様の負担となります。また、松山市指定給水装置工事事業者に減額申請の代行を依頼した場合、手数料がかかることがあります。)

減額の内容
減額の対象 地下や建物壁内での漏水
減額の対象期間 検針2回分まで
減額水量 漏水したと推定される水量の2分の1

(注)以下のような場合は、減額の対象になりません。

  1. 受水槽のオーバーフロー、蛇口・トイレ・給湯器・ボイラーなどからの漏水の場合
  2. 受水槽以降の配管、給湯管などからの漏水の場合
  3. 蛇口の閉め忘れなどの場合
  4. 漏水したと推定される水量が、検針1回分当たり10立方メートル未満の場合
  5. 松山市指定給水装置工事事業者が修理を行っていない場合
  6. 修理が完了していない場合(漏水が解消していない場合)

漏水の修理が完了した後に、下記のとおり申請してください。

【提出書類】

  • 水道料金減額申請書・給水装置修理(地下漏水)証明書
  • 給水装置の構造及び材質基準確認書
  • 水道料金減額申請書・添付図面(平面図)

申請の様式はこちらをご覧ください。

【提出先】
松山市二番町四丁目7-2 松山市役所第3別館1階 上下水道サービス課

お問い合わせ

上下水道サービス課 料金・負担金担当

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 松山市役所第3別館1階

電話:089-948-6530

E-mail:kg-service@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで