このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の ごみ・リサイクル の中の 松山方式による塩類リサイクルの取り組み(エコ次亜事業) のページです。

本文ここから

松山方式による塩類リサイクルの取り組み(エコ次亜事業)

更新日:2018年2月15日

 本市では、日本で初めて一般廃棄物最終処分場(横谷埋立センター)の浸出水に含まれる塩類からエコ次亜を製造し、下水処理場(西部浄化センター)で消毒剤として使用する取り組みを実施しています。

事業概要

 横谷埋立センターでは、クリーンセンターで発生する焼却灰を埋め立てていることから、水処理施設の処理過程で食品残渣由来の塩類が発生します。
 これまでは、発生した塩類を乾燥させ廃棄物として処理していましたが、平成27年度にエコ次亜生成施設を設置し、エコ次亜の消毒効果や安全性を検証する約1年間の実証試験を経て、平成29年4月より本格運用を開始しました。
 この塩類リサイクルの取り組みによって、塩類の処理費用などが不要となり、維持管理費用が低減するとともにCO2排出量も削減されました。
 これら一連の塩類リサイクルシステムの実用化は、日本初であり「松山方式」として全国の自治体等から注目をいただいています。

エコ次亜とは

 廃棄物の処理過程で発生する塩類から生成される消毒剤のことで、市販の消毒剤である次亜塩素酸ナトリウムと同等の消毒効果を有していますが、成分が異なることから市販の次亜塩素酸ナトリウムと区別するためにエコ次亜と称しています。


エコ次亜生成装置


エコ次亜使用フロー

施設概要

所在地:横谷埋立センター(松山市食場町乙6番地1)内

施設能力
  定格
浸出水処理量 115m3/日
塩化物イオン濃度 13,000mg/L
カルシウムイオン濃度 1,200mg/L
エコ次亜生成量 17.8m3/日
エコ次亜有効塩素濃度 1,000〜3,000mg/L


水処理フロー

受賞実績

 エコ次亜事業が先進的なシステムの特徴を有し、廃棄物の3Rに寄与するなど、資源循環型社会の構築に貢献するところが多大であると認められ、一般社団法人産業環境管理協会主催(経済産業省後援)の平成29年度資源循環技術・システム表彰(奨励賞)を受賞しました。


資源循環技術・システム表彰 表彰状

お問い合わせ

清掃施設課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館4階
電話:089-948-6532
E-mail:seisousisetu@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.