このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 平成26年度 の中の 2014年11月 の中の 松山 上廣歴史・文化フォーラムを開催します のページです。

本文ここから

松山 上廣歴史・文化フォーラムを開催します

更新日:2014年11月27日

発表内容

目的

 このフォーラムは、公益財団法人 上廣倫理財団の主催で、日本の歴史や文化の中で、志を持って理想を追い求めて生きた、先人たちの生き方にスポットをあて、日本人の心の源流をたどり、現代を生きる私たちが、今をいかに生きるべきかを考えることを目的に、道後温泉本館改築120周年を記念し、伊佐庭如矢初代道後町町長の生き方や、日本最古の温泉と近代文学ゆかりの文化と歴史が佇む城下町松山の魅力に迫ります。
 1部は直木賞作家の山本一力氏の講演を行い、2部では、10月から再放送が始まったNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」に出演している竹下景子氏と、松山市長が鼎談を行います。

日時

平成26年11月29日(土曜日)13時開場 13時30分開演

場所

松山市立子規記念博物館4階講堂

主催者、共催者、後援

[主催者]公益財団法人上廣倫理財団(東京都)、[共催者]松山市
[後援]文化庁・愛媛県・松山市教育委員会・伊佐庭如矢顕彰事業実行委員会

参加者と人数

山本 一力(作家)、竹下 景子(俳優)、野志 克仁(松山市長)、事前申込者 約600名

内容

1.主催者挨拶 上廣倫理財団 事務局長 丸山 登
2.共催者挨拶 松山市副市長 遠藤 美武
3.1部講演 山本一力(作家) テーマ「生き方雑記帳2014」−無私のこころで生きるひと−
  休憩
4.2部鼎談 竹下 景子(女優)、山本 一力(作家)、野志 克仁(松山市長)

報道機関の皆さまへ

申込みは定員に達したため、事前申込者以外は入場できません。たくさんのご応募ありがとうございました。
なお、イベント終了後、山本一力氏、竹下景子氏の取材が可能です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

課名:道後温泉事務所
所在地 松山市道後湯之町5番6号
課長:中矢 博司
担当執行リーダー:白形 誠基
電話:089-921-6464
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2014年11月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.