ミニ環境フォーラムを実施しています

更新日:2022年9月4日

近年、地球温暖化対策や自然環境保全といった様々な環境課題がニュースとして取り上げられています。
そこで、松山市では、皆さんの生活に身近な環境課題について、気軽に学べる講演会を定期的に開催しています。
参加費無料ですので、お気軽にご参加ください。

開催報告

第13回「りっくるオンラインツアー」

日時:令和4年8月16日(火曜日) 10:00~11:00
配信場所:松山市空港通1丁目1-32 まつやまRe・再来館
講師:松山市エコリーダー 大野 アケミ氏
参加者:12名


今回のミニ環境フォーラムは、ご家庭から気軽に参加できるオンライン形式で行い、まつやまRe・再来館(愛称・りっくる)からリアルタイム配信しました。
参加者は、昨年度末に大幅リニューアルした「りっくる」の展示を中心に施設紹介を聞きながら、随所で出題される環境クイズに参加するなどして楽しみながら、環境のことについて理解を深めました。
また、後半は身近にあるハンカチやふろしきなどを使って、環境にやさしい「ふろしき包み」を体験しました。講師の指導のもと、当課で受け入れたインターンシップ生と一緒に、ティッシュ箱やびん等のふろしき包みに挑戦しました。

参加者は、環境啓発施設である「りっくる」のオンライン見学や体験学習を通して、環境に優しい行動について考えるヒントを得ていました。

第12回「プラスチックの海と生きもの」

日時:令和4年6月4日(土曜日) 13時30分~14時50分
場所:松山市空港通1丁目1-32 まつやまRe・再来館 北棟
講師:愛媛大学沿岸環境科学研究センター(CMES) 
   准教授 野見山 桂(のみやま けい)氏
参加者:40名

人間の生活に欠かせない存在であるプラスチックですが、4割以上が一度使われただけで捨てられていて、年間約800万トン以上が海へ流れ出ると言われ、地球を脅かす存在となっています。参加者は、プラスチックを誤飲した生きものの痛ましい写真を見ながら、プラスチック使用量の削減の必要性について理解を深めました。講演終了後も講師への質問が相次ぐなど関心を高め「自分たちが何をすべきか」を改めて考えるきっかけになりました。
また、会場の外では、海岸生物(ハマダンゴムシ等)や希少種(コガタノゲンゴロウ)などの実物展示がありました(協力:まつやま自然ネットワーク)

【参加者の感想】

  • プラスチック問題がこんなに深刻で奥深いと思っていなかった。すぐにでも何らかの行動を起こさないといけないと感じた。普段から海岸清掃をしているが、何のためにしているのかを再認識することができた。
  • 今日はとても勉強になった。これから自分の家でできることには積極的に取り組みたいし、もっと仲間を増やしてできることを広げていきたい。今日の講演会で会った参加者から海岸清掃をすると聞いたので、一緒に参加してみようと思う。

第11回「身近な生きものの問題―それって外来種?」

日時:令和4年3月27日(日曜日) 10時30分~11時30分
場所:松山市空港通1丁目1-32 まつやまRe・再来館 北棟 研修室1・2
講師:愛媛大学ミュージアム 准教授 吉富 博之(よしとみ ひろゆき)氏
参加者:23名

身近な外来種(アメリカザリガニ、シロツメクサほか)や特定外来種(アライグマやヒアリほか)写真を交えてわかりやすくお話いただきました。またイエネコ(猫)は、様々な生きものを捕獲し生態系に影響を与えてしまうため、家の中だけで飼育することが望ましいと学びました。さらに「日本から世界へ出て迷惑をかけている外来種」として、ワカメ(世界でワカメを食する国は少ない)、マメコガネ、イタドリ、ナミテントウが紹介されました。
最後に、講師から参加者へ「外で遊び、自然に関心を持つことが大切」とのメッセージをいただきました。
また、会場の外では、外来種や希少種などの実物やパネルの展示がありました(協力:まつやま自然ネットワーク、日本野鳥の会愛媛)

【参加者の感想】

  • ミニ環境フォーラムでは普段聞くことのできない貴重なお話を聞くことができました。身近に危険な外来種が生息していたり、ネコやワカメが駆除の対象になったりと、知らないことばかりでした。こういったことを知るためにも、自ら自然と触れ合っていきたいと思いました。
  • 日本の生物が海外で侵略的外来種として悪影響を及ぼしていることを初めて知りました。また身近な生物である猫が野生化したノネコが、他の小動物にとっての脅威的な存在となっていることを知り驚きました。
  • 身近な生き物の意外な一面を知ることができ、勉強になりました。生物の話1つ1つに興味を持てて、とても楽しかったです。また、外来種の問題は、放置すると大変なことになると思いました。

第10回(オンライン)「海ごみを集める船のおしごと」

【日時】 令和3年11月20日(土曜日) 10時~11時
【配信場所】 四国地方整備局 松山港湾・空港整備事務所
【講師】 松山港湾・空港整備事務所 職員
【参加者】約70名

 海洋環境整備船「いしづち」での海ごみ回収映像をはじめ、日頃の業務紹介や普段は見ることのできない港湾業務艇「くるしま」での海上パトロール映像など、私たちの身近な松山港近海の海洋ごみの現状をオンラインで伝えました。 
 また、事前に参加者の皆さんから寄せられた質問にクイズを交えながら答えるコーナーもあり、海洋ごみについて楽しく学んでもらいました。

【参加者の感想】

  • 「くるしま」の映像は臨場感があり、面白かったです。
  • 今後ボランティア清掃などに取り組み、ふるさとの綺麗な海を守っていく活動への良いきっかけとなりました。
  • 海から遠い場所でもオンライン開催だったら気軽に参加できるので、ぜひまたやってほしいです。
  • このフォーラムで初めて海のごみを回収する船の仕事があることを知り、海ごみに対する意識も変わりました。
  • 海の環境に対して意識が変わる良い学びの場になりました。知ること、そして行動することの大切さを親子で学べる良い機会になりました。

第9回「ようこそ!野鳥ワールド」

【日時】 令和3年2月27日(土曜日)、28日(日曜日) 13時30分~16時00分
【場所】 松山 総合公園管理棟
【演題】 「松山のピンチな鳥たち-やるぞ、コアジサシを守る取組-」
【講師】 日本野鳥の会愛媛 代表 松田 久司(まつだ ひさし)氏
【ワークショップ指導】 日本野鳥の会愛媛 脇 啓人(わき けいと)氏
【参加者】約100名(講演:19名、ワークショップ80名程度)

 まつやまレッドデータブック2012で絶滅危惧に分類されている鳥類の紹介や、コアジサシ(絶滅危惧IB)を守る取り組みについての講演を行いました。また、日本野鳥の会愛媛協力のもと、ワークショップ(コアジサシ模型の色付け体験)やパネル展示を行い、愛媛県生物多様性センター主催「カエル類の調査手法研修会」も同時開催しました。
今回のワークショップで色付けした模型は、コアジサシ繁殖誘致のため、後日松山衛生ecoセンター(北吉田)に設置します。

【参加者の感想】
●ワークショップでは大変貴重な体験をさせて頂き、感動しています。コアジサシが飛来してくれることを祈っています。
●鳥が好きなので、鳥と関われるイベントに参加できて良かったです。私たちが作成した模型でコアジサシが来てくれるといいなと思います。

第8回「人気和食レストランの 食べきりレシピで NO食品ロス」

日時 令和2年12月15日(火曜日) 15時00分~15時30分
場所 松山市役所 本館11階 大会議室
講師 「Japanese Dining にの」代表 二宮 勇人 (にのみや はやと) 氏
    個人飲食店では日本で初めて、全国10店目のエコマーク認定を得た「エコレストラン」を経営する。
    地産地消、食品ロス削減、省エネなどエコな取組を実践している。松山市「3010運動」協賛店。
感想(参加者より)
    ●お店でのエコな取り組みはもちろん、私たちが家庭でできる生ごみの水切りや冷蔵庫整理のポイントなども教えていただけたので、早速今日からやってみようと思う。
    ●食品ロスを減らすレシピの写真や実演が素晴らしかった。
    

第7回「地球のための賢い選択」

日時 令和元年10月26日(土曜日)13時00分~13時40分
              27日(日曜日)15時00分~15時40分

場所 アイテムえひめ(松山市大可賀2-1-28)
    (まつやま環境フェア2019ステージイベント)

  新日本建設株式会社 村上 敦 氏
  株式会社LIXIL 大西 雅典 氏
  松山市 環境モデル都市推進課 伊藤 智祥
  松山市 環境モデル都市推進課 毛利 太郎
※人と環境にやさしい家づくり、温暖化対策をテーマにしたパネルディスカッション

第6回「SDGsと私たちのアクション~プラスチックスマート~」

日時 令和元年5月10日(金曜日)18時15分~19時00分

場所 まつやまRe・再来館 北棟研修室1・2(松山市空港通1丁目1-32)

  環境省四国環境パートナーシップオフィス 愛媛デスク 黒河 由佳 氏

過去の開催状況

  • 「第5次環境基本計画の概要と、気候変動適応法と地球における適応策の推進について」

   環境省中国四国地方環境事務所四国事務所環境対策課 三浦 丞治 氏

  • 「四国における温暖化防止活動の事例紹介 ~お祭りも、学校も!温暖化防止活動の主流化と推進体制について~」

   環境省四国環境パートナーシップオフィス 常川 真由美 氏

  • 「松山に生息する身近な生き物~カエル・カメ~」

   愛媛県立衛生環境研究所生物多様性センター 村上 裕 氏

  • 「うちエコ診断で家庭のCO2削減対策をアドバイス」

    愛媛県地球温暖化防止活動推進センター 谷本 泰範 氏

  • 「愛媛経済同友会の環境提言書の説明と協力依頼について」

    金城産業株式会社 金城 正信 氏

お問い合わせ

環境モデル都市推進課(環境活動推進担当)

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階

電話:089-948-6960

E-mail:kankyou-m@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

環境学習と温暖化対策

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで