このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

難病の皆さんへお知らせします

更新日:2018年3月29日

平成27年1月1日からの新たな難病医療費助成制度について

 平成27年1月1日に「難病の患者に対する医療等に関する法律」が施行され、原因が不明で治療法が確立されていない、いわゆる難病のうち、厚生労働省が指定した「指定難病」にかかり、認定基準を満たした方に、医療費助成を行っています。

 松山市では愛媛県の委託を受け、申請の受付を行っています。詳細については、愛媛県ホームページを御参照ください。
 外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛媛県難病対策について(外部サイト)

特定疾患治療研究事業による医療費の支給について

 スモン・プリオン病(ヒト由来乾燥硬膜移植によるクロイツフェルト・ヤコブ病)の方に、医療費助成を行っています。
 具体的な内容や手続きについては、愛媛県健康増進課難病対策係にお問合せください。
 
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛媛県難病対策について(外部サイト)

難病の皆さんの障害福祉サービスについて

 障害者総合支援法では、平成25年4月に障害者の範囲に「難病等」が追加されたことにより、平成30年4月から対象となる疾病が359へ拡大されました。対象となる方々は、身体障害者手帳の所持の有無に関わらず、必要と認められた場合、障害福祉サービス等の利用が可能となります。
 
 まずは、保健予防課 難病対策担当まで御相談ください。

難病患者地域支援対策推進事業

訪問相談事業

 難病の皆さんやその家族に対して、在宅療養に必要な個別の相談、助言を行うため、保健師、理学療法士、歯科衛生士等の専門職種が家庭訪問を行なっています。

 療養上で悩みやお困りのことがあれば、来所相談電話での相談も受付けています。お気軽にお問い合わせください。

医療相談事業

難病の皆さんやそのご家族の交流の場を設け、専門医や保健師、理学療法士による講演などを行っています。

難病に関するしおり

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健予防課 難病対策担当
〒790−0813 愛媛県松山市萱町六丁目30−5 松山市保健所 1階
電話:089-911-1857  FAX:089-923-6062
E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.