このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 平成24年度 の中の 2012年6月 の中の 平成24年度 海水浴場のシーズン前における水質調査及び放射性物質に関する調査の結果 のページです。

本文ここから

平成24年度 海水浴場のシーズン前における水質調査及び放射性物質に関する調査の結果

更新日:2012年6月15日

発表内容

目的

 市内の主な海水浴場の水質及び放射性物質に関する調査を愛媛県と合同で実施し、市民の利用に供する。

実施日・場所

平成24年5月17日、21〜23日
7海水浴場
(堀江、鷲ヶ巣、相子の浜、鹿島、立岩海岸、長浜海岸、姫ヶ浜)

調査項目

水質調査:ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD、透明度、pH、腸管出血性大腸菌O-157、大腸菌数
放射性物質に関する調査:海水中の放射性セシウム及び放射性ヨウ素の各濃度、砂浜における空間放射線量率

内容

各海水浴場の水質は次のとおりの評価となりました。

堀江海水浴場         「可」  (水質B)
鷲ヶ巣海水浴場        「適」  (水質AA)
相子の浜海水浴場      「適」  (水質AA)
鹿島海水浴場         「適」  (水質AA)
立岩海岸海水浴場      「適」  (水質A)
長浜海岸海水浴場      「適」  (水質AA)
姫ヶ浜海水浴場        「適」  (水質AA)
 なお、腸管出血性大腸菌O-157については7海水浴場すべて不検出でした。
 放射性物質は全地点において、海水から放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)、放射性ヨウ素(I-131)ともに検出されず、また、砂浜における空間放射線量率は、愛媛県立衛生環境研究所による市内中心部(松山市三番町8丁目)の調査結果と比較して、同程度以下でした。

その他

水質調査:帝人エコ・サイエンス株式会社
放射性物質濃度分析:愛媛県原子力センター
空間放射線量率測定:松山市

お問い合わせ

環境指導課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階
課長:鈴木 幸雄
担当執行リーダー:松本 典洋
電話:089-948-6441
E-mail:kankyok@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2012年6月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.