このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

清水ふれあいセンター

更新日:2015年4月1日

清水ふれあいセンターの概要

清水ふれあいセンターが建替え・落成しました。

写真:清水ふれあいセンター
清水ふれあいセンターの外観

施設概要
名称

清水ふれあいセンター

住所

〒790-0823
松山市清水町一丁目9番地9

電話・FAX番号 089-924-0864
駐車場 4台可
設置年月日

1969(昭和44)年4月1日
2015(平成27)年4月1日(建替え)

職員 館長1名 主事1名
施設

木造2階建て
延べ床面積 362平方メートル
・大ホール(フローリング) 94平方メートル
・会議室(カーペット) 48平方メートル
・畳コーナー 
・調理室
・相談室
・オープンスペース
・ふれあいデッキ
・エレベーター(3人乗り)
・多目的トイレ

活動状況

相談活動

  • 「子どもの不登校や教育問題」「いじめ」「ひきこもり」「家庭内問題」「高齢者や障がい者の介護」「人間関係」などで精神的に落ち込んだり、1人で悩み苦しんでいたりする人の相談に応じています。

 相談員がお受けしておりますので、事前予約が必要です。お気軽にお問い合わせください。
 【電話・FAX】089-924-0864

広報・啓発活動

 人権啓発講演会や人権学習会等を実施しています。清水地区人権教育推進協議会、清水公民館と共催で実施している「清水地区人権教育研究大会」では、小中学校生徒の人権啓発ポスター・標語・作文を募集して優秀作品の市長表彰を行っています。

教養文化活動

 地域のコミュニティーセンターとして、ダンスや民踊、コーラスや絵手紙などの教室やクラブ活動が行われ、地域の交流の場となっています。

清水ふれあいセンターがある清水町の概要

 当地区は、松山城のすぐ北に位置し、新興住宅が立ち並ぶ住宅街にあります。また近くには愛媛大学、松山大学などがあり学生の多い町でもあります。
 そして御幸寺山山麓には、護国神社・種田山頭火の一草庵をはじめ由緒ある寺社が多く立ち並び、ロシア人墓地・孝子十六日桜、さらには伊予節にも歌われている紫井戸や片目鮒等々史跡がたくさんあり、大変環境に恵まれたところです。

地域の名所・風物詩・民話など

  • ロシア人墓地

 明治37から38年の日露戦争で、ロシアの傷病兵や捕虜が、延べ6千余人も松山へ送られてきました。松山では、公会堂や城北練兵場のバラックや、寺町の各寺へ収容されました。
 「捕虜は罪人ではない、祖国のために奮闘して敗れた心情をくみとって、一時の敵愾心にかられて、屈辱を与えるような行為は慎め。」
と県は県民に訓告を発し、捕虜に接する態度のあり方を指示しました。捕虜兵の「博愛処遇」は県民に徹底し、捕虜の待遇は寛大で記録によれば、半径1里以内の自由行動、将校の市内居住の許可、散歩、海水浴、芝居見物、道後温泉への入浴などが認められ、捕虜兵とは考えられないほどの扱いを受けていました。
  松山での治療看護や待遇のよいことが戦線に聞こえ、ロシア兵が「マツヤマ!!マツヤマ!!」と叫んで両手をあげて投降するほどだったそうです。しかし薬石効なく、看護婦の献身的な看護のかいもなく、ワリシーボイスマン大佐を始め98名の方々は、祖国に帰ることもなく異郷で世を去りました。そして、墓碑は来迎寺の裏の妙見山に葬られました。祖国、北向きに墓碑は建てられています。

  • 紫井戸と伊予節

 昭和の始めごろまで水が満々として澄んでいて、時刻によっては紫に見えたので紫井戸と言ったとも、水質がよく昔醤油造りに使ったので、醤油の別名むらさきを取って紫井戸と言ったとも言われています。井戸の大きさや石組みをみただけで、普通の井戸ではなかったと思われます。このように有名になったのは伊予節に歌われたからです。
 伊予の松山名物名所 三津の朝市道後の湯
 音に名高き五色素麺 十六日の初桜
 吉田さし桃こかきつばた
 高井の里のていれぎや 紫井戸や片目鮒
 薄墨桜や緋の蕪 チョイト伊予絣

  • 片目鮒の井戸

 昔、弘法大師(宝亀五から承和二(七七四〜八三五))が巡礼の途中ここを通りかかった時、1人の老人が今取ってきたばかりの鮒を焼いていました。大師は哀れに思い、その鮒を譲り受け手に取ってみると、すでに片目が焼けていました。そっと井戸の中に放してやると、みるみる元気になり泳ぎだしました。それ以来この井戸の鮒は代々みんな片目とのことです。この井戸と紫井戸は小川でつながっていて、鮒は自由に行き来していたそうです。現在どちらの井戸も水はありません。家陰でそっと昔を偲んでいるかのようです。

アクセス方法

市内電車城北線、清水町下車、徒歩約3分

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。清水ふれあいセンターの地図

お問い合わせ

人権啓発課 清水ふれあいセンター
〒790-0823
愛媛県松山市清水町一丁目9番地9
電話:089-924-0864
E-mail:simizu-f@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.