このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

農薬を使用する際の注意点

更新日:2019年1月8日

農薬飛散による被害の発生を防ぐために

 学校、保育所、病院、公園等の公共施設、街路樹、住宅地とこれに近隣する土地、住宅地に近隣する森林等(以下「公園等」と称します)、及び住宅地に隣接した家庭菜園・市民農園を含む農地の管理の際は、農薬の飛散を原因とする、住民や子ども等への健康被害が生じないよう、できるだけ農薬を使用しない管理を心がけましょう。また、農薬を散布せざるを得ない場合でも、農薬の飛散防止に努めるなど、十分な配慮をしましょう。
 詳しい情報は、以下のページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。環境省の農薬対策関係に関するページ(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。農作物病害虫防除指針(平成30年版)(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。愛媛県農薬飛散防止啓発パンフレット(外部サイト)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。県内の農薬相談窓口(外部サイト)

農薬を使用する際の注意について

 農薬を使用される方は、関係法令や使用方法に基づいた適正な使用を守ってください。
 農薬取締法では農薬の使用基準(適用作物、希釈倍数または使用量、使用時期、総使用回数)が定められており、違反した場合は3年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金となります。
 また、使用基準を守らずに農薬を散布した場合は、食品衛生法における農薬残留基準の超過の恐れもあるため、生産物の全量廃棄処分等の措置がある場合もあります。
 更に、農薬の飛散により、農薬残留基準の超過の恐れもあります。 
 今後、農薬を使用する際は、ラベルに記載された使用基準を必ず読んで、使用基準どおりに農薬を使用するとともに、農薬飛散防止対策の徹底をお願いします。
 
 ご不明な点は下記までお問合せください。

  愛媛県病害虫防除所  TEL 089-993-2020  愛媛県中予地方局産業振興課 TEL 089-909-8761

お問い合わせ

農水振興課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階
電話:089-948-6565
E-mail:nousuisinkou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.