このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 消防 の中の 関連行事 の中の 四国初 119番「口頭指導」披露 4消防本部で合同技術発表会を開催しました のページです。

本文ここから

四国初 119番「口頭指導」披露 4消防本部で合同技術発表会を開催しました

更新日:2017年11月10日

内容

概要

 平成29年11月9日、松山市保健所・消防合同庁舎の6階大会議室にて、119番口頭指導技術発表会を開催しました。
 この発表会は、119番通報を受けた通信指令員が、傷病者の救命率を高めることを目的に、通報者に心肺蘇生法などの応急処置を伝える「口頭指導」の技術を披露するものです。松山市では平成28年度に引き続き2回目の実施ですが、四国で初めて中予地区4消防本部合同で開催しました。
 通信指令員は救急蘇生ガイドライン2015や消防庁の口頭指導実施基準に基づき、日頃培った技術を医療関係者や社会福祉施設関係者に披露し、発表後には医師から講評をいただきました。
 また、発表会終了後には、社会福祉施設関係者を対象とした、119番通報要領等についての「119番通報セミナー」も実施しました。


発表者 4名


傷病者の発生に伴う119番通報


通信指令員による出動指令と口頭指導


口頭指導を受け胸骨圧迫実施


医師からの講評


119番通報セミナーの様子

実施内容

●119番口頭指導技術発表会「心肺蘇生法」、「外傷処置」などの事例を実施
  講評 松山市民病院    救急科    部長 小田原 一哉
      久万高原町立病院 総合診療科 医長 森實 岳史
●119番通報セミナー(松山市消防局 通信指令課員)
  非常通報装置を使用した119番通報要領

参加者

救急医療機関、社会福祉施設関係者、伊予消防等事務組合消防本部、久万高原町消防本部、東温市消防本部、松山市消防局 約150名

お問い合わせ

通信指令課
〒790-0811 愛媛県松山市本町六丁目6-1
電話:089-926-9202
E-mail:sbtuusin@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

関連行事

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.