このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

国民健康保険(こくみんけんこうほけん)キッズページ 

更新日:2012年3月1日

国民健康保険の仕事について

 みなさんが病気やけがをして病院に行ったとき、受付の人に「保険証を見せてください」と言われて、お父さんやお母さんが手渡しているのを見たことがありますよね。
さて、この保険証には、いったいどのような役割があるのでしょうか?

医者のイラスト

家族のイラスト

 わたしたちはみんな、毎日健康にくらしたいと願っています。しかし、病気やけがは、とつぜんにおそってきます。
このようないざという時にも、安心してお医者さんにかかれるように健康保険という制度(しくみやきまり)があります。市区町村や会社などが、いざという時に決められたお金を支払う約束で、おおぜいの人から少しずつお金を集めて、つみ立てているのです。

 健康保険のうち、自分でお店をいとなむなどしている自営業の人や農家の人などは、住んでいる市区町村が運営している国民健康保険[略して国保(こくほ)といいます]に加入しています。
 国民健康保険には、ひとつの世帯[同じ家に住む家族]みんなで加入して、ひとつの保険証を受け取ります[松山市では平成23年には約8万世帯が加入しています]。
 また、会社などにつとめている人は、職場などの健康保険(国民健康保険ではありません)に加入しています。

ランプのイラスト


ポイント

市区町村が運営する国民健康保険には、自営業や農家の人などを中心に加入しています。

 では、受け取った保険証はどのような役割をしてくれるのでしょうか?
 病気やけがをして病院にいったとき、受付で保険証を提示すれば、お医者さんに診察してもらったり、薬を出してもらったりしたうち、決められた医療費(病院に支払うお金)の一部を支払うだけでかまいません。
 残りの医療費は、市区町村が国民健康保険に加入している世帯から集めた保険料などから支払います。

 つまり、こう考えることができます。
 あなたが支払った医療費の残りを、市区町村が支払う=お隣の人などたくさんの人がいっしょになって支払っていることもあれば、お隣の人が支払った医療費の残りを、市区町村が支払う=あなたやたくさんの人がいっしょになって支払っていることもある。
 ですから、国民健康保険は「助け合いの制度」といえるのですね。

ランプのイラスト


ポイント

 病院の受付で保険証を提示すれば、決められた医療費の一部を支払うだけでかまいません。
たとえば、あなたの治療にかかった医療費が1000円だった場合、保険証があって、あなたの支払いが3割(300円)でよいと決められていれば、市区町村が加入世帯から集めた保険料などから残りの7割(700円)を支払ってくれます。

あなたの医療費が1000円だった場合 
あなたの医療費 1000円

あなたの支払い
3割(300円)

市区町村の支払い
7割(700円)

 もう少し深く  健康保険がなかったら、どうなるの?

 国民健康保険に加入している世帯は、それぞれの収入によって決められた保険料を、日ごろから市区町村に納めなければなりません。
 めったに病院に行かない人は、「保険料を納めるばかりで、なんだかもったいないな」と思うかも知れませんね。しかし、そんな人もいつ病気になったり、けがをしてしまうかも知れません。
 もし、健康保険の制度がなければ、いざという時に医療費の全額をみなさんそれぞれが支払わなければなりません。
 そして、それが大きな金額であれば、医療費を支払えないから病院に行けない(いかない)人がおおぜい出てしまい、大変なことになるでしょう。
 ですから、保険証を発行してもらい、保険料をきちんと納めておくことは、とても大切なことなのです。

お問い合わせ

国保・年金課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階
電話:089-948-6376
E-mail:kokuhonenkin@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

国保・年金課(こくほ・ねんきんか)のぎょうむ

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.