このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

鹿島の歴史

更新日:2016年5月27日

国立公園

 鹿島は昭和31年5月に国立公園に認定されました。別名「伊予の江の島」と呼ばれています。山頂には、神功皇后伝説の「御野立ちの巌」(おのだちのいわお)や東海岸に「神洗磯(かみあらいいそ)」の遺跡があり、島巡りの遊歩道には、黒岩・梅の木谷・犬戻り・水晶ヶ浜・長磯・石門などの景勝地も多く、海上には、千霧、小鹿島、玉理・寒戸島等が望まれます。
島全体は老松・クスノキなど暖地性常緑照葉樹が繁茂し約260種の植物があります。古来より野生鹿(県指定天然記念物)が住みつき、一部は柵を設けて保護飼育。毎年10月に県内でも異色の風物詩「鹿の角切り」の行事があり人気を呼んでいます。
 山頂展望台からの眺めはすこぶる美しく、ことに「玉理・寒戸島」は毎年5月4日に長さ30m余りに及ぶ大注連縄(しめなわ)張りが行われることから「伊予の二見」の称があります。
鹿島神社の春・秋祭例に出される「鹿島の櫂練り」(県無形文化財)は、昔、河野氏の水軍が出陣のとき武運を祈り、また、戦勝祝賀に神前で演じて奉納した起源をもつ勇壮な船踊りで絢爛たる海上絵巻を繰りひろげる最も異色ある年中行事です。また、中世の古城跡としても著名で「河野家譜」には「手勢五騎、旗本十六、軍旗船五隻」とあり、河野氏の海上防禦の役割をもっていました。


鹿の角切り


玉理・寒戸島(夫婦岩)と夕日

鹿島の歴史(鹿島城)

 北条の全面400m沖に浮かぶ鹿島の海城、鹿島城はいつ頃、誰によって築かれたのかははっきりしないが、越智郡上浦町甘埼の荒神社に、同神社創立史並びに甘埼城創立史を明らかにするために、これと関連した風早の歴史にも説き及んだ「伊予風早志」があります。同書の中に「天智天皇の10年(671)辛末秋8月7日勅ありて海防城を此の上中下3門島に築き給う。云々」として三つの海防城の拠点となる島を次のように挙げており、第三の下門島海防城が風早の鹿島であるとされています。しかし一説によれば、建武年間(1334年〜1336年)になって風早郡那賀郡の地頭職、今岡四郎通任が、頂上からの風早郡を一望できる要害に島全体を城郭と見立てて階段式連郭構造の鹿島海城構築を完成したと言われています。「萩藩閥録」によると四国征伐を前にして天正11年(1583年)小早川隆景が鹿島城の得居半右衛門の動静を戦国末期として、その立地条件、社会条件から大いに重要性を帯びていたことを示すものと言えます。こうして天正13年(1585年)小早川隆景を総大将とする四国征伐は断行されました。このとき先鋒として活躍した来島通総は風早一万四千石を領有し、鹿島城主に任ぜられました。この来島氏も反徳川軍であったため、豊後に転封され自然廃墟となりました。

お問い合わせ

観光・国際交流課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階
電話:089-948-6556
E-mail:E-mail:kanko@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.