このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 平成26年度 の中の 2015年1月 の中の 宮内伊予柑生誕60周年記念イベントを実施します のページです。

本文ここから

宮内伊予柑生誕60周年記念イベントを実施します

更新日:2015年1月8日

発表内容

目的

 愛媛のかんきつ農業に光をともした「宮内伊予柑」は、昭和30年に松山市平田町の故 宮内義正氏が、伊予柑の枝変わりを見つけ「宮内伊予柑」と命名し、後世に広めた品種で、平成27年が生誕60周年、人で言えば還暦になることから、故人の業績を称えるとともに、消費拡大につなげていくため、松山市とえひめ中央農業協同組合平田支部との共催で、宮内伊予柑生誕60周年記念イベントを開催します。

日時

平成27年1月14日(水曜日) 13時14分〜15時44分

場所

1.松山市平田町乙175-2 宮内伊予柑園地(別添地図を参照してください。)
  ※雨天の場合は、松山市平田町243-1 えひめ中央農業協同組合 平田経済センター(松山市平田町243−1)で実施します。当日の11時に決定します。
2.道後温泉「椿の湯」

主催者

えひめ中央農業協同組合 平田支部、 松山市

参加者と人数

松山市立潮見小学校4年生 5名、 宮内伊予柑生産農家 3名

内容

(1)13:14〜13:40 松山市平田町宮内伊予柑園地  ※雨天の場合は、平田経済センターで開催
 児童と地元農家で宮内伊予柑を収穫します。
 児童が地元農家から宮内伊予柑の誕生について学びます。
(2)14:30〜15:44 道後温泉「椿の湯」
 「椿の湯」入浴客に児童が宮内伊予柑の生誕秘話や農家の想いを伝えながらみかんを手渡します。
 入浴客には宮内伊予柑を湯船に入れていただき、ゆったりとした「みかん湯」の中で宮内義正氏の業績や伊予柑生誕60周年などに想いを巡らせていただきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

農林水産課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階
課長:中田 忠徳
担当執行リーダー:高木 衆
電話:089-948-6568
E-mail:nourinsuisan@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2015年1月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.