このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 市政情報 の中の 計画・施策 の中の みんなで歩いて暮らせるまちづくり(街路整備) のページです。

本文ここから

みんなで歩いて暮らせるまちづくり(街路整備)

更新日:2012年6月5日

みんなで歩いて暮らせるまちづくり(街路整備) 〜子育てから老後まで 暮らしのためのモビリティ・デザイン〜

「た・か・ら・み・が・き」によるまちづくり

ロープウェイ街
歩行者にやさしい空間となったロープウェイ街

 松山には、築城400年を迎えた松山城や、国の重要文化財である道後温泉本館、坊ちゃん列車はもちろんですが、その他にも全国に誇れる宝がたくさんあります。私たちがするべきことは、この松山にある宝を磨いていくことです。
 た・か・ら・み・が・きの「が」は、「街路(がいろ)整備」の頭文字でもあります。
 街路整備とは、みちづくりという意味ですが、そこには今までの車社会の時代とは違った、深い意味があると考えています。

 また「モビリティ」とは、「移動」を意味します。
 「モビリティ・デザイン」とは、子育てから老後までの暮らしやすさを支える移動手段の確保、確立を意味しています。

 以下に、松山市のまちづくりにおける「街路整備」の必要性についてお示しします。

持続可能な都市には何が必要か?

 人口減少や少子高齢化の進展、経済状況の悪化など、松山を取り巻く環境は大きく変化しています。
 松山市においては、「持続可能な都市」の実現に向けて、効果的・効率的でコンパクトな、公共交通の利用を促進する都市づくりを進めます。
 中心市街地においては、安全・快適な歩行空間の形成、賑わいの創出など、都市改変による住みやすい・暮らしやすいまちづくりに取り組みます。

中心部での歩行者空間の創出

 松山市中心部において、歩行者や自転車優先のエリアを設定、拡大していき、安全・快適な歩行者空間を創出していきます。
 また「歩く」ことは健康増進に繋がり、医療費も削減されると言われています。歩行回遊を支援・促進するための道路空間の再配分や、沿道への各種プログラムの導入により、「歩いて楽しい健康増進」のまちづくりを進めます。

中心部
松山市中心部におけるエリア設定(イメージ図)

みんなで歩いて暮らせるまちづくりフォーラム 〜健康増進のまちづくりを目指して〜

 まちづくりに関係する有識者や市長による講演等を通して、市民の皆様がこれからのまちづくりを身近に感じ、参加していくきっかけとなることを目的として、まちづくりフォーラムを開催しました。
フォーラム内容についてはこちら

短期・中期プロジェクト 〜歩いて楽しい健康増進のまち松山を目指して〜

短期プロジェクト

短期プロジェクト1

安全・快適な歩行者空間・賑わい空間の創出
 花園町通りは、市内最大の道路幅員を有する松山市駅の玄関口として、重要な役割を担う通りの一つです。一方で、大量の路上放置駐輪に加えて、アーケードの劣化や空き店舗の増加などにより、一層の衰退が懸念されるところです。
 このため、道路空間の再配分による快適な歩行空間の創出や駐輪対策に加えて、沿道に屋台や子育て支援施設、イベントスペースなど賑わい空間を創出します。

道路空間再配分(イメージ)
道路空間再配分(イメージ図)

短期プロジェクト2

歩いて楽しい歩行回遊空間の創出 (中心部〜道後の歴史・文化の通り再生)
 「にきたつの道」や「俳句の道」など、歴史・文化のとおりを活用しつつ、松山市中心部と道後とを結ぶ、快適な歩行空間の形成や沿道空間へのプログラム導入などにより、歩いて楽しい歩行回遊空間を創出します。
 また、このルート上のまち巡りや、健康増進を目的として、ウォーキングイベントを立ち上げ、愛着のあるイベントの一つとして育てて行きます。

まち巡り
まち巡りルート(案)

短期プロジェクト3

モビリティセンター導入による移動の選択性の拡大 (道後での観光移動の支援)
 道後を訪れる観光客の回遊性をより高め、松山での滞在時間を延ばすことを目的として、道後温泉駅付近へのモビリティセンターの導入を検討します。
 モビリティセンターでは、電気自動車や電動アシスト付き自転車などを設置し、観光客のモビリティの選択多様性をより高めるとともに、モビリティ・カフェや足湯等の様々な施設を併設させるなど、憩い・安らぎ・コミュ二ケーションの場も創出します。

短期プロジェクト4

市民(交通弱者)と協働した自転車等マップづくり (市民参画事業の促進)
 子供やお年寄り、リハビリ中の方など交通弱者を主体として、官民が協働して自転車等のヒヤリハットマップづくりを実施します。

中期プロジェクト

いよ立花駅周辺整備
いよ立花駅周辺の道路等整備を行っていきます。

交通結節点の整備(いよ立花駅、久米駅、余戸駅)
郊外拠点となるいよ立花駅、久米駅、余戸駅について、駅前広場及びバリアフリー対策などを進め、公共交通の利用促進を図ります。

バス路線の改変
利用者ニーズへの対応や、バス交通の維持・向上を目指してバス路線の促進策について検討します。

住み替え促進策の検討
コンパクトな都市づくりのために、都心や郊外拠点などへの住み替え促進策について検討します。

広域自転車回遊ネットワークの構築
しまなみ海道や道の駅などを拠点とした、広域の自転車回遊ネットワークを構築します。

お問い合わせ

都市・交通計画課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館7階
電話:089-948-6462
E-mail:toshi-kou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.