法定外公共物担当の業務内容

更新日:2021年4月1日

法定外公共物とは

  • 明治初期の地租改正に伴う官民有区分の実施により、国有地に分類された里道(赤線)や水路(青線)等を継承したもので、法定外公共物の名のとおり、法の適用をうけないものをいいます。

法定公共物とは

  • 広く一般の用に供している道路、河川、公園、海等の「公共物」のうち、河川法(一級河川・二級河川・準用河川)、道路法(市道・県道・国道等)、下水道法、海岸法等の法令によって管理方法が定められているものをいいます。
法定公共物の管理はどこか
公共物 所管
市道 松山市道路河川管理課及び都市生活サービス課
県道・国道等 中予地方局及び国土交通省
一級河川・二級河川 中予地方局及び国土交通省
準用河川 松山市道路河川整備課

業務内容

  • 法定外公共物沿いの土地を市に与える意思を表示し、市がこれを受諾することにより成立する契約をいいます。
  • 市が寄付を受諾するには条件があります。
  • 寄付申込書ダウンロードはこちら
  • 当該法定外公共物が、将来とも機能回復を行なって公共の用に供する必要がないと認められるときなどに承認します。 
  • 用途廃止申請は、譲与申請または売払い申請を行う場合に限ります。

 開発行為に伴う同意(都市計画法第32条の規定に基づく同意)

 道路位置指定に伴う法定外公共物(里道)の併用承認

  • 建築基準法第42条第1項第5号に基づき、里道と個人所有地をあわせて幅員4m以上の道の位置の指定を受ける場合は、里道の併用申請をして、承認を得なければなりません。

国等が管理する法定外公共物に係る事務

 法定外公共物にかかる機能の有無証明書

 隣接地承諾願

お問い合わせ

管財課

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館4階

電話:089-948-6253

E-mail:kanzai@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで