このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 観光・イベント の中の 松山市観光ガイド の中の 観光名所 の中の 道後温泉 の中の 「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016 のページです。

本文ここから

「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016

更新日:2016年5月11日

公式ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公式ホームページ(外部リンク)

公式ホームページ(外部リンク)

「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016 とは

道後温泉では、2014年に道後温泉本館改築120周年の大還暦を迎えたということを記念して、アートフェスティバルを開催しました。それ以降、さらに多くの観光客や市民に道後にお越しいただき、日本最古の温泉という地域資源にアートを取り入れることで、日本のみならず世界に向け新たな道後温泉の魅力を発信することができました。
道後でアートフェスティバルが始まり3年目となる2016年は、メインアーティストに画家の山口晃さんをお迎えします。本年は文豪・夏目漱石の没後100年、小説『坊っちゃん』発表110年。よそからやって来た夏目漱石が松山を舞台にアイロニーとユーモアを込めて小説『坊っちゃん』を書いたように、山口さんも”よそもの”視点で道後を書きます。時空を超えて過去・現在・未来を行き来することで、どことなく懐かしくて何だかおかしな世界に迷い込んでしまいそうです。日常と空想、実景と虚構がないまぜになったような感覚で、人びとを街へ誘います。
絵画のみならず立体・建築的手法やインスタレーションなどの自由な発想で、見慣れた街の風景がそれぞれの記憶と混ざり、不思議な姿として浮上するような、そんな作品たちが街に出現します。

開催概要

名称:「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016
会場:道後温泉およびその周辺エリア
会期:2016年4月29日〜2017年2月28日 ※作品は、2017年8月末まで公開予定
    第一弾オープン  2016年4月29日
    第二段オープン  2016年7月予定
    第三弾オープン  2016年9月予定
    ※会期中に展開作品が徐々に増えていく予定です。
主催:道後アート実行委員会

山口晃 道後アート2016 ロゴ
山口晃 道後アート2016 ロゴ

お問い合わせ

道後アート実行委員会(道後温泉事務所内)
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6(道後温泉本館)
電話:089-921-6464
E-mail:dogoonsenart@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.