このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 市政情報 の中の 市民活動・市民参加 の中の まつやま市民シンポジウム の中の 第34回まつやま市民シンポジウムを開催します のページです。

本文ここから

第34回まつやま市民シンポジウムを開催します

更新日:2017年9月29日

概要

 市民と行政がともにまちづくりについて考え、行動するきっかけづくりの場にするため、公益社団法人松山青年会議所と共同で「まつやま市民シンポジウム」を開催します。

 今年のテーマは、「100年経っても、“LOVEまつやま”〜まつやまの未来にロックオン!〜」です。記念講演では、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さんをお迎えし、「子どもたちが未来に希望を持てるまち」についてご講演いただきます。あわせて分科会ブースを設け、子規・漱石生誕150年を記念した公募市民による演劇の上演、骨髄バンクドナー登録会などを実施します。

日時

平成29年度10月22日(日曜日)12:00〜16:30 ※入場無料

場所

松山市青少年センター(松山市築山町)

各シンポジウムの内容について

 分科会の内容や開催時間については、松山青年会議所のホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山青年会議所ホームページ

記念講演 「子どもたちが未来に希望を持てるまち〜尾木ママと一緒に考えましょ〜」

 子どもを取り巻く環境は大きく変化し、夢や希望を持てない子どもたちが増えている中、このまちの未来をつくる子どもたちに対して何ができるか、何をしなければならないのか、教育評論家の尾木ママこと尾木直樹さんに教育論の観点からご講演いただきます。

【日時】 平成29年10月22日(日曜日)15:00〜16:30
      ※入場無料、事前申込不要

【場所】 松山市青少年センター 北体育館

【定員】 700人 ※満席の場合、入場制限あり

子規・漱石生誕150年記念 市民演劇

 今年は、日本を代表する文学者である正岡子規と夏目漱石が生まれて150年の節目の年です。

 生誕150年を記念して、子規と漱石が育んだ友情や文学の創造と革新にかけた志など、二人の思いを様々な形で紹介する「子規・漱石を未来へつなごうプロジェクト」を進めています。

 市民の皆さんに子規と漱石を身近に感じていただき、松山に一層の愛着や誇り持ってもらえるよう、まつやま市民シンポジウムでは、子規と漱石生誕150年を記念した演劇を上演します。

【上演日時】 平成29年10月22日(日曜日)13:00〜14:30 ※入場無料

【場所】 松山青少年センター3階 大ホール

【定員】 200人 ※満席の場合、入場制限あり

制作

 演劇で地域おこしを行っている演劇作家の高山力造さんを中心に、松山と子規・漱石を愛する10歳から68歳までの市民の皆さんがキャスト、スタッフとなり制作しています。
 一般公募ということもあり、演劇経験のない方がほとんどですが、8月から本番までの短い期間で、学校やお仕事の合間を縫って稽古に励んでいます。

お問い合わせ

企画戦略課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館5階
電話:089-948-6213
E-mail:kikaku@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

まつやま市民シンポジウム

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.