このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

高度救助資機材について

更新日:2012年3月1日

画像探査機一型

 瓦礫等の隙間に8メートルの首振りカメラを挿入し、内部の映像を確認しながら要救助者を捜索します。また、SVチューブユニットと併せて使用することにより、見るに加えて音や声を聞く・酸素濃度や可燃性ガス等の環境測定・温度測定・空気の送気が、同時に可能となります。

一型の全景

一型カメラ本体

モニターを確認中

カメラとSvチューブユニットを併用

画像探査機二型

 画像探査機一型と同じ首振りカメラで、長さは3メートルです。付属の集音器を使用すると、瓦礫内部の音声も聴取可能です。

二型本体

二型操作部分

操作状況

地中音響探査装置

 倒壊した建物や瓦礫の下にいる生存者を、音で探知するための資機材です。瓦礫の下から発生する音や声は地上には聞こえにくいため、高感度のセンサーが瓦礫の下の小さな音やかすかな声を聞き取ります。

地中音響探査装置一覧

地中音響探査装置モニター

熱画像直視装置

 夜間や地下空間など、照明のない状況下における生存者の発見・救助に使用します。また、火災時における火源の発見等にも使用します。

熱画像直視装置

熱画像直視装置モニター

夜間暗視装置

 赤外線照射装置により、夜間の真っ暗な場所でも昼間のようにはっきりと見えます。

夜間暗視装置1

夜間暗視装置2

電磁波探査装置

 電磁波を利用して、倒壊建物や瓦礫の下の生存者を探査します。呼吸時のわずかな胸の動きなどを波形で表します。

電磁波探査装置1

電磁波探査装置2

電磁波探査装置 波形を表示

地震警報器

 地震発生時の初期微動(P波)を感知し、主要動(S波)の推定震度や揺れの到着時間を予想します。主に二次災害の防止に使用します。

地震警報器モニター

地震警報器 地震表示

地震警報器 使用状況

二酸化炭素・アンモニア濃度測定装置

 生体から排出される二酸化炭素とアンモニアを検出し、小型CCDカメラにより瓦礫下の要救助者を検索します。

二酸化炭素・アンモニア濃度探査装置

二酸化炭素・アンモニア濃度探査装置の使用状況

水中探査装置

 水難事故等で使用します。リモートコントロールにより、水中の様子をロボット先端のカメラで確認します。最大水深150メートルまで使用可能です。

水中探査装置1

水中探査装置2

水中探査装置モニター

お問い合わせ

中央消防署
〒790-0811 愛媛県松山市本町六丁目6-1
電話:089-926-9222
E-mail:sbchuuou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.