このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

子規記念博物館 資料特別利用申請

更新日:2016年7月1日

子規記念博物館が所蔵する博物館資料の資料写真の貸出し(館外貸出)、写真撮影、熟覧を希望する場合、資料特別利用申請書でお申し込みください。
なお、申請する前に、必ず下記の要領と注意事項をご覧ください。

要領
申請用紙名 資料特別利用申請書
申請書の概要 博物館資料の館外貸出、写真撮影、熟覧を希望する場合に提出されるもの
申請期間 随時
添付するもの

・82円分の返信用切手および返信用封筒
・利用目的によっては企画書等

利用料金 下記の表をご参照ください。

記載要領

書類に印鑑(インキ浸透印は不可)をおしてください。下記添付PDF記入例をご覧ください。
受付窓口 松山市立子規記念博物館
郵送での申請


〒790-0857愛媛県松山市道後公園1-30松山市立子規記念博物館

FAXでの申請 不可

電子メールでの申請

不可
注意事項

※資料の状態によっては、利用ができないなど、ご希望に添えない場合があります。
※郵送料金などの通信にかかる費用は、申請者様のご負担でお願いします。
※写真撮影、熟覧を希望する場合は、担当者と日程の打ち合わせ等を行いますので、必ず1カ月以上前に、電話での事前連絡が必要です。
※館外貸出の資料写真は、デジタルデータかフィルム、白焼きのいずれかの方法で提供します。フィルム、白焼きでの提供をご希望の場合は、事前にご連絡ください。

特別利用料
区分 点数

金額(消費税込、単位:円)

館外貸出 1点

無料

写真撮影(モノクローム)

1点

A  100円
B 1,060円

写真撮影(カラー) 1点

A   210円
B 2,120円

熟覧 1点   100円

                            A 学術研究用  B学術研究用以外 (平成28年7月1日改訂)

注意事項

権利等の処理について

  • 申請前に、資料の利用に係る諸権利(著作権、肖像権など)の処理を完了しておくこと。

  ※著作権がきれているもの(古典書籍等)については不要です。

  • 上記の権利処理・許諾の確認は書面で行い、必ず申請書の提出の際に添付すること(写し可)。
  • 利用の結果生ずる一切の責任は利用申請者が負うものとする。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子規記念博物館
〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1-30
電話:089-931-5566
E-mail:sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.