このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 暮らし の中の 生活環境 の中の 浄化槽・し尿処理 の中の 松山市浄化槽設置整備事業補助金対象工事における基礎工事施工にかかる新たな取り扱いの追加 のページです。

本文ここから

松山市浄化槽設置整備事業補助金対象工事における基礎工事施工にかかる新たな取り扱いの追加

更新日:2021年1月12日

既成底板コンクリート(プレキャストコンクリート底板 … PC板)の使用について

松山市浄化槽設置整備事業補助金交付対象工事における基礎工事にかかる底部コンクリート工事については、レディミクスコンクリートを使用した現場打ちを原則としていますが、地下水位が高い場合や軟弱地盤等における工事に限り、当該工事に携わる浄化槽設備士の責任において判断のうえ、本市が別に規定する「松山市浄化槽設置整備事業補助金交付対象工事における既成底板コンクリート(プレキャストコンクリート底板 … PC板)取り扱い要領」を遵守した場合に限り、既成底板コンクリート(プレキャストコンクリート底板 …PC板)の使用を認めています。

本市の浄化槽設置整備事業補助金対象工事の基礎工事に使用することを承認済の既成底板コンクリート製品一覧

株式会社ダイキアクシス Dマット

人槽
寸法(ミリメートル)

5人槽
1,800×900×100

5人槽
連結1,800×900×100

7人槽
1,800×1,200×100

7人槽
連結1,800×1,200×100

7人槽
3枚連結2,800×1,200×100

10人槽
3枚連結2,300×1,200×100

対象浄化槽

XH-5
XE-5

XH-5
XE-5

XH-7
XE-7

XH-7
XE-7

DSJ-7
XC-7

DSJ-5
XC-5
XH-10
XE-10F

PC板

L配筋:5本
B配筋:9本

L配筋:5本
B配筋:5本×2=10本

L配筋:5本
B配筋:9本

L配筋:8本
B配筋:5本×2=10本

L配筋:8本
B配筋:5本×2+5=15本

L配筋:8本
B配筋:5本×2+3=13本

株式会社カンケン プレキャストコンクリート底板

人槽
寸法(ミリ
メートル)

5人槽
1,600×930×100

7人槽
2,250×930×100

10人槽
連結
2,600×1,300×120

10人槽
3枚連結
3,300×1,300×120

対象浄化槽

AXZ-5
AXZII-5
CA-5
CXN2-5
KTG-5S
KZ-5
KZII-5
SGCXII-5
浄化王NEXT-5

AXZ-7
AXZII-7
CA-7
CXN2-7
KJ-5
KRS-5
KRS-7
KTG-7S
KZ-7
KZII-7
SGCXII-7
浄化王NEXT-7

AXZ-10
AXZII-10
CA-10
CEN-5・7・10
CENeco-5・7・10
CXF-5・7・10
CXN2-10
KXF-5・7
KZ-10
KZII-10
浄化王-10

KGRN-10
SGCN-10

基礎工事における切込み砕石等の使用について

松山市浄化槽設置整備事業補助金交付対象工事における基礎工事にかかる地業の際は、割栗石の使用を義務付けていますが、地下水位が高い場合や軟弱地盤等における工事を除き、切込み砕石(再生砕石を含む)および切込み砂利の使用も認めています。

松山市浄化槽設置整備事業における既成底板コンクリート(PC板)取り扱い要領

下記の1.から6.の全ての要件を満たさないものは補助対象外とします。

PC板製造にかかる取り扱い

  1. 浄化槽設置工事において使用できる既成底板コンクリート(プレキャストコンクリート底板、以下PC板という。)は、製品種別ごとに設計計算書等(強度計算書および強度試験報告書ならびにコンクリート品質証明書を含む)を事前に本市へ提出のうえ、その仕様を承認したものとします。
  2. PC板は、JIS認定工場もしくは本市が同等と認めた製造者において製作のうえ、製品ごとに製造者名、型式外形寸法、製造番号(ロットナンバー)を表示してください。
  3. PC板の大きさについては、浄化槽の外形寸法を原則とし、最低でも浄化槽の底部接地面積のXY方向共200ミリメートル程度の余裕を持たせてください。
  4. PC板は、製品出荷時に本市へ製造番号(ロットナンバー)リストを提出してください。(補助金実績報告書に添付する工事施工時の写真で、使用されたPC板の製造番号の照合を行います)

PC板使用工事にかかる取り扱い

 5. PC板を使用する場合の基礎工事は、従前同様の工事を必要とし、沈下または変形が生じない適正な施工を行ってください。

  • 捨てコンクリートの省略は不可とし、状況に応じてレディミクスコンクリートもしくは均一精度の空練りモルタル材のいずれかを使用し、地業材を十分に被覆したうえで水平出しを行ってください。 〔施工写真の提出を要す〕

 6. PC板使用の工事における基礎工事完成写真は、浄化槽工事業者登録届出票(標識)と、PC板に記載された各種の文字がそれぞれ確認できることを要します。

その他の工事基準は、従来どおり国土交通省令・環境省令に定めるとおりとします。

お問い合わせ

環境指導課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館4階
電話:089-948-6440
E-mail:kankyok@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.