このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 市政情報 の中の 環境保全 の中の 事業場におけるダイオキシン類の自主測定結果 のページです。

本文ここから

事業場におけるダイオキシン類の自主測定結果

更新日:2017年6月1日

ダイオキシン類の基準適用施設を設置する事業場は、ダイオキシン類対策特別措置法第28条の規定に基づき、毎年一回以上、排出ガスや排出水に含まれるダイオキシン類の測定を行わなければなりません。事業場からの自主測定結果の概要及びその詳細は以下のとおりです。

大気基準適用施設

  • 16事業場(21施設)より報告があり、 すべての施設が排出基準に適合

水質基準適用施設

  • 対象施設なし

ダイオキシン類の自主測定結果の概要

測定結果の概要
区分 特定施設の種類 対象事業場数 報告済事業場数 対象施設数 報告済施設  排出ガス中のダイオキシン類濃度(注釈1) 排出基準

大気基準適用施設

4トン毎時以上の廃棄物焼却炉 (注釈2) 2 2 5 5 0.0000021から0.068 0.1もしくは1
2トン毎時以上4トン毎時未満の廃棄物焼却炉 1 1 1 1 0.040 1
2トン毎時未満の廃棄物焼却炉 13 13 15 15 0から4.1 5もしくは10
合     計 16 16 21 21 ‐  ‐ 

注釈1:大気ng-TEQ/m3N
注釈2:トン毎時は焼却能力を表示

単位の説明

  • 1ng(ナノグラム)=10億分の1グラム
  • m3N(ノルマル立法メートル)=標準状態で測った体積であることを示す。   
  • TEQ(ティーイーキュー)=毒性等量のこと。ダイオキシン類は種類によって毒性が異なるため、毒性の最も強い2,3,7,8‐四塩化ジベンゾ‐パラ‐ジオキシン(2,3,7,8‐TeCDD)に換算し数値化する。重さの単位にTEQを付けて換算値であることを示す。

ダイオキシン類の自主測定結果の詳細

ダイオキシン類対策特別措置法の特定施設を設置する事業場から報告された排出ガス等自主測定結果のうち、平成28年度の測定期日前1年間に測定されたもの(一部測定遅れあり)は、以下のとおりです。

なお、自主測定は毎年1回以上の実施が義務付けられており、その測定期日は事業場ごとに異なります。

大気基準適用施設

水質基準適用施設

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

環境指導課
愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館4階
電話:089-948-6442
E-mail:kankyok@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.