このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

下水道用語集

更新日:2021年4月1日

ここでは,下水道施設課のホームページに掲載されている下水道の用語について解説します。

  • BOD

生物化学的酸素要求量の略。下水の汚泥を分解してきれいな水にするために,微生物の力をかりています。この微生物が,呼吸したり増殖したりするために必要な酸素の量をBODといいます。

  • COD

化学的酸素要求量の略。廃水の汚濁を示す指標のひとつです。数値が大きいほど水が汚れています。

  • SS

浮遊性懸濁物質の略。下水の中で,水に溶けずに粒状になっている汚れのことです。

  • T−N

無機性窒素と有機性窒素をあわせた全窒素のこと。水をきれいにするには下水中の窒素を取り除くことが必要とされているため,指標としてT−Nを計測しています。

  • T−P

全りんのこと。窒素と同様に,水をきれいにするには下水中のりんを取り除くことが必要とされているため,指標としてT−Pを計測しています。

  • ステップ流入

浄化センターでは,下水をきれいにするために微生物の力をかりています。その処理を行う場所をエアレーションタンクといいます。通常このタンクには1か所から下水が流入するようになっていますが,下水をよりきれいにするために,槽の数を何段かに分けるなどして,数か所から下水を流入させる方法があります。これをステップ流入といいます。

  • 硝化脱窒法

エアレーションタンクを2槽に分け,微生物の力をかりて下水中の窒素を取り除く方法です。2槽をそれぞれ硝化槽,脱窒槽といいます。
北部浄化センターの場合は,3段のステップ流入と,硝化脱窒法を併用しているため,エアレーションタンクは合計6つの槽に分かれています。

  • 標準活性汚泥法

下水をきれいな水にするために,いろいろな処理方法があります。その中でもっとも標準的な方法で,日本の処理場ではほとんどこの方式を採用しています。この処理法ではSSは減らせますが,窒素やリンを取り除くことができないため,徐々にステップ流入式硝化脱窒法などの高度処理を採用するところが増えています。

お問い合わせ

下水浄化センター
〒790-0062 愛媛県松山市南江戸四丁目1-1
電話:089-922-2855
E-mail:kg-gesuijouka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.