ため池ハザードマップについて

 東日本大震災では、ため池の決壊により、尊い人命が奪われるとともに、人家や農地が被災しました。近い将来発生するとされている南海トラフ巨大地震でも多大な被害がでると予測されています。
 そこで本市では、ため池が万が一決壊した場合に備えるため、貯水量が10万m3以上ある大規模なため池(27箇所)の、決壊による浸水想定区域の情報を公表します。(それ以外のため池についても作成次第順次公表していきます)
 このマップは氾濫水が流れる範囲などの情報を提供するもので、住民の皆様自身が地域の危険性を把握するのに重要な役割を発揮し、災害時の対処方法につながることを目的としています。日ごろからの備えにご活用ください。

※ため池の決壊する場所やため池の貯水量等で、浸水する範囲が異なる可能性がありますので、ご理解をお願いします。

ハザードマップの前提条件

・満水時のため池の地震による決壊
・降雨の無い平常時での決壊

閲覧・印刷用データ

地区別ハザードマップ


<<現在作成中>>

貯水量10万m3以上のため池ハザードマップ

お問い合わせ

農林土木課

〒790-8571

愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階

電話:089-948-6576

E-mail:nourindoboku@city.matsuyama.ehime.jp