常設展示室3階特別展示「新収蔵資料を掘り下げる」(前期展)を開催します

更新日:2022年5月26日

目的

 子規記念博物館では開館以来、子規の直筆資料や子規周辺の人々の資料をはじめ、子規を育んだふるさと松山の歴史文化に関する資料などを継続的に収集しています。常設展示室「特別展示」コーナーで、近年の新収蔵資料の中から、当館の子規研究や顕彰を進めるのに特に重要なもの、興味深いものを選び、詳しい解説と合わせ一般公開します。
 前期展「初公開、子規の新資料」では、令和3年度に新しく収蔵した未公開のものを含み、貴重な子規資料を展示します。

会期

令和4年6月1日(水曜日)~令和4年10月31日(月曜日)

会場

松山市立子規記念博物館 常設展示室3階

開館時間

午前9時~午後6時 ※展示室入場は午後5時30分まで

観覧料

個人400円、団体320円、65歳以上200円、高校生以下 無料
※常設展の観覧料が必要です。

主な展示資料

・子規筆「飯待つ間」後記原稿
・子規の竹村鍛(たけむらきとう)あて書簡 〔明治25年〕8月2日
・子規の河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)あて書簡 明治25年2月19日     ほか

お問い合わせ

子規記念博物館

〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1-30

電話:089-931-5566

E-mail:sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで