このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 施設案内 の中の 文化施設 の中の 松山市立子規記念博物館 の中の お知らせ の中の 令和3年新春 第66回特別企画展「子規の写真物語―古き新しき取り出して―」を開催します のページです。

本文ここから

令和3年新春 第66回特別企画展「子規の写真物語―古き新しき取り出して―」を開催します

更新日:2020年12月12日

内容

主旨

 子規が生きた明治時代、海外から受容した様々な新しい文物が日本に普及しました。写真もその一つであり、新しいもの好きだった子規は写真を愛好しました。
 子規は34歳11カ月という短い人生だったにもかかわらず、その姿を写した写真は現存するだけでも30枚を超えています。6歳の時に髷を結った姿で撮影した写真をはじめ、最晩年に撮影した有名な横顔の写真まで、子規の写真はその足跡を知る上で貴重な資料となるばかりでなく、子規の人間としての魅力とドラマチックな人生を色あせることなく物語るものです。
 子規は撮影した写真を手元で大切に保管し、折に触れて取り出して眺め、時には文学活動の題材にしました。晩年には、写真をもとに過去の出来事や友人たちとの交流を振り返りつつ、痩せ衰えた自身の病床での姿と対比した俳句や短歌をのこしています。
 また、子規は秋山真之や浅井忠などの友人・知人らから贈られた写真や、学生時代に訪れた広島の厳島や岡山の後楽園などの名所旧跡、また女性の髪型など、多種多様な写真をコレクションしていました。これらの子規のコレクションは、晩年に病気のため外出が叶わなかった子規にとって、外の世界とつながる貴重なツールの一つとなり、写真をとおして見る外の世界は病床の子規を癒し、楽しませました。
 今回の特別企画展では、子規記念博物館が所蔵する子規の姿を写した写真や子規の写真コレクションなど、約80枚の写真資料を一堂に展示し、写真が物語る等身大の子規の姿や子規と写真との知られざる関係を紹介します。また、あわせて子規が生きた近代・松山の様子を伝える写真資料も紹介します。

子規写真(横顔)
子規写真(明治33年12月24日)

会期

令和2年12月19日(土曜日)から令和3年2月1日(月曜日)まで
【休館日】
令和2年12月22日、令和3年1月5日・12日・19日・26日
(いずれも火曜日)
【開館時間】
午前9時から午後5時まで(展示室入場は午後4時30分まで)

会場

松山市立子規記念博物館 3階特別展示室

観覧料

個人400円、団体320円、65歳以上200円、高校生以下 無料
※常設展とセットで特別企画展の観覧券を購入する場合、特別企画展の観覧料は2割引です。
※子規博友の会会員が特別企画展の観覧券を購入する場合、特別企画展の観覧料は2割引です。

関連事業

【記念シンポジウム】
演題:「子規が生きた、近代松山の風景」
パネラー:二神將(すすむ)氏(松山子規会理事・伊豫史談会監事)、竹田美喜(当館総館長)
日時:令和3年1月11日(月曜日・祝日)午後2時から3時30分まで
会場:4階講堂 ※入場無料
【ギャラリートーク】
日時:令和2年12月27日(日曜日)、令和3年1月9日(土曜日)
    午前10時30分から午前11時20分まで
場所:3階特別展示室 ※聴講には特別企画展の観覧券が必要です
【学芸員による関連講座】
演題:「子規の写真コレクションの魅力」
日時:令和3年1月31日(日曜日) 午前10時30分から正午まで
場所:1階視聴覚室 ※聴講無料です
※記念シンポジウム・ギャラリートーク・関連講座は、新型コロナウイルス感染症の状況により、中止もしくは入場制限等の変更を行う場合があります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子規記念博物館
〒790-0857 愛媛県松山市道後公園1-30
電話:089-931-5566
E-mail:sikihaku@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.