このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 市政情報 の中の 計画・施策 の中の 改元に伴う元号による年表示及び年度表示の取扱いについて のページです。

本文ここから

改元に伴う元号による年表示及び年度表示の取扱いについて

更新日:2019年4月12日

元号を改める政令(平成31年政令143号)が平成31年4月1日に公布され、新元号が「令和」と決まりました。この政令は平成31年4月30日の翌日(以下「改元日」といいます。)に施行されることになっています。
松山市が作成する一部の文書等には、帳票類の発注時期の関係やシステム改修の費用等との関係により、「平成」の表示が残る場合がありますので、混乱を避けるために、市民の皆様に以下のとおりお知らせします。

新元号の使用について

新元号の使用時期について

平成31年4月1日から4月30日までの間は、元号を用いて改元日以降の年を表示する場合であっても、「平成」を使用します。

新元号初年の表記について

改元日以降、「令和元年」と表記します。
ただし、電算システム等により「元年」の表示が出来ない場合は、「令和1年」又は「令和01年」と表示します。

年度について

会計年度は地方自治法(昭和22年法律第67号)の規定により、平成31年4月1日から翌年3月31日までとなっており、改元日以降この年度の名称を「令和元年度」と表示します。また、法令等に特別な定めがあるものを除き、一般的な年度の名称についても、会計年度と同様に「令和元年度」と表示します。

有効性について

・改元日前までに作成した文書に、「平成」を用いて改元日以降の年を表示している場合であっても、当該表示は有効です。
・改元日以降に松山市が作成した文書に、「平成」の表示が残る場合であっても、当該表示は有効です。

市民の皆様へのお願い

旧元号によって表示された日を新元号による日に読み替えてください。

お問い合わせ

(文書に関すること)
文書法制課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館6階
電話:089-948-6251
E-mail:bunsho@city.matsuyama.ehime.jp

(会計年度に関すること)
会計事務局
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館4階
電話:089-948-6240
E-mail:suitoujimu@city.matsuyama.ehime.jp

(上記以外に関すること)
人事課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館4階
電話:089-948-6250
E-mail:jinji@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.