令和4年3月17日 新型コロナウイルス感染症について

更新日:2022年3月17日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和4年3月17日(木曜日) 午後6時30分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:4人

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/r3/202203/honbu20220317.html)

議題

  • 新型コロナウイルス感染症について

会見要旨

 まず、昨晩の福島県沖を震源とした地震で被害に遭われた方々に心からお見舞いを申し上げます。今のところ愛媛県や中核市市長会などから被災地から要請はないと聞いていますが、支援が必要な場合は県ほかと連携し早急に対応します。
 それでは3連休を前に、年度末年度始めの感染回避行動の徹底のお願いです。
 年度替わりの時期を迎え、去年の状況を振り返りますと、去年は3月23日に繁華街クラスターを公表しました。市内繁華街の飲食店の従業員や利用客など多くの若者がイベントなどもあり、複数の深夜営業の飲食店を往来して感染が拡大しました。マスクの着用が徹底できておらず、換気も不十分で、人が密に集まって不特定多数の人が接触し、感染が広がったと推測しており、飲食店を往来した中には県外から松山に来た方も含まれていたようです。また去年は、3月末から4月にかけて複数の職場内クラスターが確認されました。県外に旅行に行っていた方や職場の定期異動や出張で県外から松山に来た方も含まれ、職場の親睦のため飲み会をして感染が広がった事例も散見されています。この期間のリスク要因は、「県外往来」、「不特定多数の人との接触」、「感染対策が不十分な飲食店」、「職場の親睦のための集まり」などが挙がります。
 18都道府県のまん延防止等重点措置は、来週3月21日(祝日)が期限で、国で全ての地域で解除する方針が出ており、これらの地域から松山に来られたり、県外への旅行や帰省を計画する方もおられると思います。現在、県内はオミクロン株感染拡大特別警戒期間で、県外との不要不急の往来や出張は自粛が求められています。県外への旅行や帰省などはできる限り控えていただきたいと思います。また毎年この時期は年度替わりで、進学や就職、職場の異動で県外との往来が増えたり、県外の大学などに進学している学生さんが帰省したりする時期です。気候も良くなり、あさってからの3連休ではレジャーなど外出の機会が増えると思います。県内でも混雑した場所や感染リスクの高い場所への外出自粛が要請されています。
 さらに感染が拡大するのを防ぐため市民の皆さんにお願いします。(1)県外との不要不急の往来や出張は自粛してください。必要な往来や出張は感染回避行動を徹底し、松山に帰った後1週間は体調管理を徹底してください。発熱や喉の痛み、咳、鼻水など風邪のような症状がある場合は、風邪や花粉症だろうと軽く考えず外出を控え、医療機関へ連絡し受診してください。(2)県外から松山に来られた皆さんも、転入後1週間は体調管理を徹底してください。(3)現在は飲食店や会食由来の感染は少ないものの、会食を伴う季節行事では感染拡大のリスクに注意が必要です。歓送迎会や卒業、入学祝いなどでは体調不良の方や感染リスクの高い行動がある方は参加しない。特に転入や松山に帰って1週間以内の方は参加を見合わせる。認証店では「大人数、長時間を避けて」、「1テーブル4人まで」、「テーブル間隔を確保し、テーブル間を移動しない」。認証店以外では「4人以下、おおむね2時間以内」など会食ルールを徹底してください。(4)飲食店などでは不特定多数を集める「周年イベント」などは開催しないでください。
 15日(火曜日)にはJR松山駅前駐輪場ほか駐輪場4カ所で、16日(水曜日)はお城下パーキングほか3カ所で市職員がちらしなどを配り、若い世代の皆さんに感染対策の継続をお願いしました。本日は繁華街の居酒屋や接待を伴う飲食店、合わせて約100店舗を市職員と愛媛県社交飲食業生活衛生同業組合松山支部が巡回し、店舗内での感染防止対策の徹底を呼び掛け、また明日からは市内のスーパーマーケット40店舗でも感染の啓発に協力いただきます。市民の皆さんの、特に活動的な若い世代の皆さんの慎重な行動が市内の感染拡大を防止します。自分を守り、家族を守り、地域を守るため、市民の皆さんのご協力をお願いします。
 また新型コロナワクチン接種は、国からの通知やワクチン供給のスケジュールに合わせ、2回目の接種から6カ月を経過した方に3回目の接種を進めています。感染するリスクや重症化するリスクが減るほか、ワクチンの種類については1回目、2回目がファイザー社のワクチンで、3回目がモデルナ社のワクチンを接種する交互接種で中和抗体が増加し、一方で副反応は同じ程度ともいわれています。私もあさってモデルナ社のワクチンを集団接種会場で接種します。先日お話ししたとおり3月の予約枠を拡大していますが、希望する多くの方にできるだけ早く接種いただくため、集団接種、個別接種ともにさらに予約枠を拡大するよう進めています。愛媛県では、3月20日(日曜日)まで県民文化会館で集団接種会場を設けていただいており、愛媛県並びに関係医療機関の皆さま、スタッフの皆さまのご尽力に感謝申し上げます。引き続き4月の集団接種会場の接種には、県有施設の活用や新たな出務依頼も必要です。愛媛県はじめ関係医療機関の皆さんにお力添えをいただきたいと考えています。松山市の集団接種会場の予約状況は、今週はほぼ予約をいただいており、来週は5割程度でまだ約2,000人分の枠があります。市民の皆さんには、1日も早い接種にご協力をお願いします。
 説明は以上です。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで