令和4年1月18日 新型コロナウイルス感染の確認について

更新日:2022年1月18日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和4年1月18日(火曜日) 午後5時30分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:11人

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202201/honbu20220118.html)

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202201/syokuin20220118.html)

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202201/pcr20220119.html)

議題

  • 新型コロナウイルス感染の確認について

会見要旨

 昨日臨時休業していた松山市立の学校5校のうち2校は、保健所の調査で安全が確認され、本日再開しました。昨日関係者の陽性を確認した2校と合わせ、本日は5校が臨時休業しています。また本日2校で関係者の陽性を確認し、当該校は臨時下校しました。安全が確認され次第再開します。
 松山市立の学校関係者で、教職員1名の陽性を確認しています。中学校で勤務する50代男性です。授業中はもちろん勤務中は必ずマスクを着用し、学校は定期的に換気や消毒をするなど感染防止対策を徹底していました。本人の行動歴も特に感染リスクの高い行動はありません。現時点で業務に関連する濃厚接触者は確認されていません。当該の学校は15日(土曜日)から教育活動を休止し、本日も臨時休業しています。松山市立の保育園は、本日から1園再開し、臨時休園している2園も安全が確認され、明日再開の予定です。
 また昨日は、本市職員1名の陽性が判明しました。産業経済部で勤務する40代の男性です。主に内部の業務を担当しており、また感染可能期間は出勤しておらず、市民の方と接触はありませんでした。本人に感染リスクが高い行動はなく、業務に関連する濃厚接触者も確認されていません。業務はほかの職員が分担し、市民サービスに支障はありません。執務室や共用部分は既に消毒を終えています。松山市保健所の扱いではなく、公表人数に含まれていません。引き続き職員に感染回避行動を徹底するよう啓発していきます。

 昨日は既存事例42名、新規事例はこれまでで最も多い71名、合わせて113名の陽性を確認しました。陽性が確認された方にお見舞いを申し上げ、また1日も早い回復をお祈りします。
 新規のクラスターは1件です。1277例目は、これまでに松山市立の学校で児童1名の陽性を公表しており、昨日新しく児童5名の陽性を確認し、合わせて6名になりました。6名は学校のクラスメイトで、松山市保健所の調査では学級内の接触で感染したとみており、学校クラスター10としました。引き続き調査と検査を進めます。
 オミクロン株は感染力が強く、全国で、経験したことがない急速な速さで感染の拡大が続いており、本市でも新規事例がこれまでにない速さで増え、松山市保健所の業務に今までにない負荷がかかっています。本庁から応援職員を派遣し、土日も昼夜もなく総力を挙げて対応していますが、医療機関などから陽性確認の報告を受けても疫学調査が追い付いていない状況です。1月13日(木曜日)から、松山市保健所の新型コロナウイルス感染症対策業務を重点化していましたが、昨日お知らせしたとおり急速な感染拡大に対応するため、愛媛県と連携しさらに保健所業務を重点化しました。陽性が判明した方や自宅療養中の方の命を守る業務を最優先するため、関係者の皆さんのご協力をお願いします。また市民の皆さんは、保健所が業務を重点化するほど感染が広がっている状況と認識いただき、強い危機感を持ち、これまで以上に感染防止対策を徹底して、普段から接していない人との接触をできるだけ避けるようお願いします。
 本日の公表でも、成人の日などに同窓会などの集まりに参加した方が3名含まれています。同窓会などに出席した方で少しでも風邪のような症状がある場合は、医療機関に連絡し、早急に受診してください。体調は悪くなくても心当たりのある方は、無料検査所を利用し検査を受けてください。また集まりに参加した方と同居している方も体調の変化にくれぐれも気を付けてください。

 現在の感染状況を考慮し、明日1月19日(水曜日)から愛媛県や愛媛県総合保健協会と共同で、市内に臨時PCR検査センターを開設します。対象は市内にお住まい、または市内の事業所や学校に通勤、通学されている無症状の方で、飲食店の従業員や不特定多数の方と接触する機会の多い方、1月9日(日曜日)以降、県外との往来があった方や県外から来県した方と接触があった方、長時間または大人数で会食を行った方、そのほか感染に不安を感じている方です。開設場所は城山公園内松山市民会館西側の広場で、キットの配布は19日(水曜日)から22日(土曜日)までの4日間、検体回収は19日(水曜日)から23日(日曜日)までの5日間です。開設時間は午前10時から午後3時までの5時間を予定しています。検査費用は無料です。検査数が多くなると想定されますので、検査結果は陽性者のみに連絡し、陰性の場合は連絡がありません。代表者に必要数を取りに来ていただき、後でまとめて提出してもらってもかまいません。市内の感染状況を早期に把握するため、対象になる方は積極的に検査を受けてください。

 また重症化するリスクが高い高齢者への感染の広がりをできるだけ抑えるため、特別養護老人ホームを対象に一斉モニタリング検査を実施します。市内の48施設に愛媛県から配布される抗原検査キットを配ります。検査対象は入所者と従事者で合わせて約4千人で、当面1カ月は週に1回定期的に実施する予定です。
 ワクチン接種は、本市では3回目の追加接種を前倒しし、一般の高齢者の方は、2回目の接種が完了してから7カ月以上経過した方に2月1日(火曜日)からワクチンの接種を開始するようにしています。国から追加のワクチン供給スケジュールが示されましたので、市民の皆さんに一日でも早く接種いただけるよう、国が示すとおり3月以降は2回目接種完了から6カ月以上経過した方が接種できるようにします。
 最後に、感染者数が多いまま推移すると、経済への影響が長く続きます。自分を守り、家族を守り、社会を守るため、感染対策の徹底をお願いします。
 説明は以上です。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで