令和3年4月13日 新型コロナウイルス感染症について

更新日:2021年4月13日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和3年4月13日(火曜日) 午前11時00分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:15人

会見要旨

 新型コロナウイルス感染症に関し、昨日午前10時から、松山市では初めて新型コロナウイルスワクチンの住民接種を行いました。今のところ副反応などは報告されていません。今日以降も市内の介護老人保健施設の13施設で順次接種を開始します。引き続き速やかに、そして何よりも安全に実施できるよう、万全の準備を進めていきます。
 また繁華街でご協力いただいている時短要請への協力金の支給は、昨日4月12日(月曜日)時点での申請件数は1,078件です。

 連日繰り返しになりますが、市民の皆さんへお願いです。感染の拡大を止められるかどうかは市民の皆さんがこの感染対策期の2週間をどう過ごすかにかかっています。感染力が強い変異株の事例も増えています。新型コロナウイルスは市民の皆さんのすぐそばに迫っています。どうかこの2週間は我慢をお願いすることになりますが、くれぐれも夜だけでなく、日中も含めた不要不急の外出自粛を徹底し、他人との接触をできる限り避けてください。仕事や学校、生活に必要な買い物などで外出する場合は基本的な感染予防策で、マスクの着用、小まめな手洗い、定期的な換気、手指消毒を徹底し、合わせて3密回避をお願いします。
 そして発熱はもちろん、喉が痛い、だるい、鼻が詰まるなど少しでも風邪のような症状が現れた場合は外出を避け、かかりつけの医療機関や受診相談センター、089-909-3483に相談してから医療機関を受診してください。
 以上です。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで