令和3年9月30日 「感染対策期移行後の対応」について

更新日:2021年9月30日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和3年9月30日(木曜日) 午前11時00分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:10人

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202109/keikaiki.html)

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202109/open.html)

議題

  • 感染対策期移行後の対応について

会見要旨

 感染警戒期移行後の対応についてです。
 国は、9月30日(木曜日)で18都道府県の緊急事態宣言と8つの県のまん延防止等重点措置を解除する決定をしました。合わせて、愛媛県独自の警戒レベルも10月1日(金曜日)から「感染警戒期」に引き下げられます。
 松山市内の新規の陽性確認も低い水準にとどまるなど、警戒していた重点措置の適用解除後のリバウンドは回避できています。市民の皆さんや事業者の皆さんには、これまで厳しい要請にご協力いただき感謝申し上げます。しかし、わずかなきっかけで再び感染が拡大する可能性があり、感染の持ち込み、持ち帰りに引き続き注意が必要です。
 市民の皆さんは、緊急事態宣言などの適用が解除された後、行動制限が段階的に緩和される地域への訪問は特に注意するなど、県外との往来は十分注意してください。また会食は、感染リスクの高い行動のない人と10人以下で長時間を避け、感染対策が徹底されているお店を利用するようお願いします。加えて引き続き、飲食店の不特定多数を集め混雑が予想される催しには参加しないようお願いします。再び感染を拡大させないためにも、市民の皆さんはマスクの着用、小まめな手洗い、定期的な換気など基本的な感染対策の徹底を継続してください。
 次に、市有施設は、道後温泉本館や道後温泉別館 飛鳥乃湯泉、松山城を含め10月1日(金曜日)から全ての施設を開館します。また貸館の利用は、ガイドラインを厳守するなどの条件で新規予約の受け付けを再開します。
 次に、市が主催するイベントは、入場者を適正に管理したり症状のある方などの入場を制限したりするほか、施設の規模や条件に応じた感染防止対策を徹底し開催します。
 市民の皆さんは、感染回避行動を徹底しながら社会経済活動を再開するようご理解とご協力をお願いします。
 9月28日(火曜日)に呼び掛けをしましたフットサル参加者からは、報道機関の皆さまにも協力いただき7名から連絡がありました。感謝申し上げます。現時点で連絡をいただけていない3名の方は、外出や人との接触を控え、お住まいの地域にかかわらず、松山市保健所、089-911-1800までご連絡ください。個人情報は必ず守りますので、感染拡大を防止するためご協力いただきますようお願いします。
 説明は以上です。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで