令和3年7月26日 新型コロナウイルス感染の確認について

更新日:2021年7月26日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和3年7月26日(月曜日) 午後4時00分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:6人

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202107/honbu20210726.html)

議題

  • 新型コロナウイルス感染の確認について

会見要旨

 それでは、新型コロナウイルス感染症の確認についてお知らせします。
 昨日は既存事例5名、新規事例3名、合わせて8名の感染を確認し、本市での累計は1,673人になりました。感染された方にお見舞いを申し上げ、また1日も早い回復をお祈りします。
 本日は1カ月ぶりに新たなクラスターを公表します。一昨日24日(土曜日)に公表した543例目、松山市内で開催された音楽ライブの関係は、これまで参加者3名が感染されており、主催者からの連絡で保健所に連絡してくれた方のうち、昨日本市で1名の陽性を確認し、市外の1名を合わせるとライブ参加者の感染が5名になりました。保健所の聞き取り調査でこのライブで感染が広がったと判断し、新しく「音楽イベントクラスター」とします。現在も松山市保健所と県の保健所が連携して濃厚接触者の調査と検査を進めています。
 このライブは7月中旬に松山市内の屋内で、参加人数を会場の収容人数の半分以下に制限し、約100名規模で開催されていました。参加者は全員マスクを着用し、公演中は歓声なしとするなど感染対策がされていたものの、参加者の間で感染が拡大している可能性がありますので、本日再度主催者から参加者に連絡しています。連絡を受けた方は、症状がなくても必ず最寄りの保健所に連絡してください。さらに発熱や倦怠感など、少しでも風邪のような症状がある場合は外出や人との接触を控えてください。感染の拡大を防ぐため、皆さんのご協力をお願いします。

 最近の感染事例では、喫煙ルームで近距離で会話が弾んでいた方、友人宅で食事をし、そのままマスクなしで宿泊した方、同居の家族以外とマスクを外して自動車に同乗した方、手洗いをほとんどしていない方、ドアノブや電気のスイッチなど共用部分を消毒していない職場が見受けられました。これらはいずれも感染リスクが高まります。ご自身を守り、大切な家族を守り、地域を守るため、気を付けていただきますようお願いします。
 一方で、感染リスクが高い行動がないにもかかわらず、感染が確認された事例も見られます。これは変異株の感染力が強いためと考えられます。市民の皆さんには「今まで感染しなかったから、これまでと同じ日常生活を送っていれば大丈夫だろう」と油断せず、マスクの着用や定期的な換気、手洗いや手指消毒など基本的な感染予防対策を徹底してください。そして風邪のような症状がある場合は外出を控え、かかりつけ医に連絡し受診してください。最近の感染事例でも市販の薬を飲んでしばらく我慢し、症状が悪化して受診したところ陽性が判明した方が見受けられます。早めに受診するようにしてください。
 市内の週当たりの感染者数はここ2週間、連続して17名でした。今週は昨日、日曜日と今日、月曜日の2日間で既に14名の感染を公表しているとおり、市内でも感染が拡大している傾向です。4連休中は県外との人の動きも多かったのではないかと思います。感染拡大地域との往来は延期できないか、十分検討してください。不特定多数の方で混雑しているような場所への出入りは、極力控えるようにしてください。加えて夏休み期間中に感染が広がるのを防ぐため、市民の皆さんに3点をお願いします。
 一つ、緊急事態宣言地域などとの不要不急の往来は自粛してください。また緊急事態宣言地域などに限らず、感染が拡大している地域との往来にも十分注意してください。ご家族などが帰省する場合には、過去2週間に感染リスクの高い行動がないか確認してください。特に首都圏からの帰省は、どうしても帰省しなければならないかご家族で相談するようお願いします。
 二つ、久しぶりに会う親戚や友人との会食はお互いのためにできるだけ控えてください。また自宅での大人数の食事会や路上飲みは慎んでください。
 三つ、オリンピック・パラリンピックは自宅で応援をお願いします。飲食店などで不特定多数が飲食しながら応援すると、感染リスクが高くなります。できれば同居のご家族など、普段一緒に過ごしている人とご自宅のテレビで観戦してください。
 以上です。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで