このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 市長の部屋 の中の 記者会見 の中の 令和3年4月15日 新型コロナウイルス感染の確認について のページです。

本文ここから

令和3年4月15日 新型コロナウイルス感染の確認について

更新日:2021年4月15日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和3年4月15日(木曜日) 午後4時00分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:8人

【報道資料】新型コロナウイルスの感染を確認しました

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202104/honbu20210415.html)

議題

  • 新型コロナウイルス感染の確認について

会見要旨

 それでは、新型コロナウイルス感染症の確認についてお知らせします。
 まず、臨時休園していた市立の保育園は保健所の調査で安全が確認され、明日16日(金曜日)から再開します。本日午後1時ごろ保護者の皆さんにお知らせしました。
 市民の皆さんには不要不急の外出自粛にご協力いただき、ありがとうございます。感染者は昨日まで2日連続で1桁になったものの、今日は20名を上回り、そのうち9名は新規の事例です。昨日申し上げたとおり、状況は全く予断を許さず、決して気を緩めることはできません。
 年末年始の会食に端を発した感染の拡大では、1月13日(水曜日)から、愛媛県の要請で松山市内の酒類を提供する飲食店の営業時間短縮を開始しました。新型コロナウイルスの潜伏期間が2週間ということもあり、開始から2週間で新規感染者が減り始め、4週目に入り新規の感染がようやく見られなくなりました。
 今回4月1日(木曜日)に市内繁華街の飲食店の時短を開始してから2週間が経ち、このところ飲食店を感染経路と推測する事例は、日に1件あるかないかというところまで減少しています。一方、家庭内や職場内で感染したと推測される事例が増え、市民の皆さんの近くに感染が広がってきている現状です。今回は感染力が強い変異株に置き換わっているためか、2週間を過ぎた今も減少傾向とは言えず、前と比べ感染経路がつかめない事例も増えており、市中感染がまん延している状況が続いています。
 繁華街クラスターを公表した前日、3月22日(月曜日)の自宅療養者は2名、濃厚接触者は22名でした。昨日の時点では自宅療養者79名、濃厚接触者404名と、3週間前よりも約20倍に増加し、これらの方に毎日松山市保健所は健康観察などを実施しています。また愛媛県の公表では、3月22日(月曜日)時点で16名だった入院中の方は昨日時点で118名になり、医療への負荷が増え、危機的な状況ということからも決して気を緩めることはできません。
 市民の皆さんは人ごとではなく、自分のこととして捉え、感染拡大を何としても食い止めるため、市民の皆さんお一人お一人が不要不急の外出自粛を徹底し、他人との接触を極力減らすようご協力をお願いします。またこれまで感染対策期に移行し、感染拡大地域へ不要不急の往来自粛が要請された後も、ご家族などと首都圏や関西地域へ旅行している方や感染拡大地域から来松した方と歓迎会やカラオケをしていた方もおられます。昨日には関西圏の多くで感染者数が過去最多を更新しています。気軽に行ける関西圏はもちろん、感染拡大地域への家族旅行などはくれぐれも延期か中止をお願いします。
 不要不急の外出自粛は社会経済活動に一定の影響を生じるものの、感染拡大をこの2週間で抑え込むことが最も効果的な経済対策だと考えています。市民生活や地域経済に深刻な影響が生じる前に、感染対策期の2週間で何としても感染拡大を抑え込まなければなりません。この危機的状況を乗り越えるため、市民の皆さんには我慢をお願いすることになりますが、ご自身を守り、大切な家族を守り、地域を守るため、何卒ご理解とご協力をお願いします。
 なお発熱のほか、喉が痛い、だるい、鼻が詰まるなど少しでも風邪のような症状が現れた場合は外出を避け、かかりつけの医療機関や受診相談センター、089-909-3483に相談し、医療機関を受診してください。
 松山市保健所の聞き取り調査では症状があるのに外出していた方は決して少なくありません。こうした方との接触を避けるためにも、感染対策期の2週間はいつも顔を会わせている人と過ごしてください。

 昨日は既存事例12名、新規事例9名、合わせて21名の感染を確認し、本市での累計は1,256人になりました。感染された方にお見舞いを申し上げ、また1日も早い回復をお祈りします。238例目繁華街クラスターの関係では4月9日(金曜日)の公表以来、1名の陽性でした。246例目職場内クラスター3は4月6日(火曜日)の公表以来、1名の陽性でした。濃厚接触者で、自宅待機中に症状が現れ、再検査した結果です。そのほか新規は7事例で9名が陽性でした。
 以上です。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.