このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 市長の部屋 の中の 記者会見 の中の 令和3年4月7日 新型コロナウイルス感染の確認について のページです。

本文ここから

令和3年4月7日 新型コロナウイルス感染の確認について

更新日:2021年4月7日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和3年4月7日(水曜日) 午後4時00分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:8人

【報道資料】新型コロナウイルスの感染を確認しました

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202104/honbu20210407.html)

議題

  • 新型コロナウイルス感染の確認について

会見要旨

 それでは、新型コロナウイルス感染症の確認についてお知らせします。
 一昨日4月5日(月曜日)に松山市立の学校関係者1名の陽性を公表していました。昨日学校関係者の検査を行い、陰性を確認しましたので、昨日夕方学校の安全が確認できたことをマックメールでお知らせしました。
 先ほどの知事の会見で、明日からの警戒レベルの引き上げの説明がありました。現時点では不要不急の外出自粛や松山市との往来自粛などが検討されているとのことでした。これから先およそ2週間は地域の会合やプライベートの行事などは延期か中止を検討してください。どうしても延期できない場合はくれぐれも感染対策を徹底するようお願いします。市民の皆さんの協力をお願いします。

 次に、臨時のPCR検査センターの状況です。昨日は217名の検査を実施し、1名が陽性でした。概要は明日の公表で、本日の公表人数には含んでいません。昨日から実施時間を2倍に延長し、検査を受けた方も前の日に比べおよそ2倍に増えています。9日(金曜日)まで夕方4時から夜8時の間、営業時間短縮を要請されている飲食店の従業員の皆さんで無症状の方を対象に検査しています。受け付けから検体採取まで5分程度です。繁華街での感染の広がりを把握するため、1人でも多くの方に検査を受けていただくようお願いします。

 昨日は既存事例7名、新規事例8名、合わせて15名の感染を確認し、本市での累計は1,138人になりました。感染された方にお見舞いを申し上げ、また1日も早い回復をお祈りします。予断を許さない状況に変わりはありません。引き続き緊張感を持って感染防止対策の徹底をお願いします。
 280例目職場内クラスター6の関係は新しく2名が陽性で陽性者は合わせて15名、内訳は職場内13名、それ以外の方が2名です。不特定多数の方が訪れる職場ではなく、また既に職場の皆さんの検査を終えています。そのほか新規は8事例で8名が陽性でした。本日の公表15名に学校関係者が1名含まれているものの、松山市立の学校に感染の影響はありません。また医療関係者と福祉関係者がそれぞれ1名含まれており、愛媛県や医療機関と連携して、幅広く検査し、感染状況を早期に把握して、囲い込みに全力で取り組みます。
 また高齢者施設へのスクリーニング検査を施設職員を対象に開始することにしました。愛媛県をはじめ施設や検査機関と調整を進めています。できるだけ早く開始したいと考えています。
 連日新規の感染者も多く確認されています。繁華街での感染が市内に広がり、新しい事例が表面化していると考えられます。市中感染のまん延が近づいている状況で、ここで踏みとどまらなければ、松山市でも都市部のように一気に感染がまん延しかねません。また家庭内での感染に加え、職場内での感染と推測される事案が増え、職場内クラスターも複数発生しています。聞き取りではほぼ全員の方が職場で普段はマスクを着用しているものの、休憩室などの社員専用スペースで、いつも顔を会わせているメンバーだけになった場合や食事の際にマスクを外して会話をしたり、そのほか狭い喫煙室で密になり話をする状況もうかがえました。飛沫で感染する新型コロナウイルス最大の予防策はマスクの着用です。また国でも休憩室や喫煙室など場面が切り替わる時に感染リスクが高くなるといわれています。そのほか職場での感染対策はテレワークや時差出勤を勧め、感染リスクを下げたり、体調が優れない人が気兼ねなく休めるルールを定め実行できる雰囲気をつくるなどが挙げられます。職場でクラスターが発生し、多くの濃厚接触者が自宅待機になって仕事に影響が生じたり、職場での感染を自宅に持ち帰り、重症化しやすいといわれている高齢者に感染させたりしないよう、それぞれの職場で危機感と緊張感をさらに高め、できる限りの感染防止策を徹底してください。
 市内では感染力が強いといわれる変異株も増えています。これまでは感染していないと思われるような接触状況でも、変異株の事例では感染が広がっているように思います。新型コロナウイルスは皆さんのすぐそばまで迫っています。小まめな手洗い、定期的な換気、マスクの着用など一人一人が感染防止策を徹底しましょう。感染拡大地域との往来や普段会っていない人、高齢者を含めた会食はくれぐれも控えてください。感染がこれ以上広がるのを何としても止めなければなりません。これからの市民の皆さんの行動が2週間後の新規感染者を減らします。皆さんの協力をよろしくお願いします。
 以上です。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.