令和3年1月3日 新型コロナウイルス感染の確認について (松山市101、114事例目関係/松山市115事例目)

更新日:2021年1月3日

※この動画は、松山市長 記者会見の冒頭(市長説明)のみを掲載しています。

  • 日時:令和3年1月3日(日曜日) 午後4時30分から
  • 場所:本館3階第1会議室
  • 記者数:5人

(http://www.city.matsuyama.ehime.jp/hodo/202101/honbu20210103.html)

議題

  • 新型コロナウイルス感染の確認について

会見要旨

 それでは、新型コロナウイルス感染症の確認についてお知らせします。
 昨日は6名が陽性で、感染者の累計は394人になりました。感染された方にお見舞いを申し上げ、また1日も早い回復をお祈り申し上げます。感染された方には、プライバシーに配慮して感染の事実を公表することにご理解をいただき、本日公表しています。
 陽性が確認された389人目は、101例目関係の接触者で、30代男性会社員です。現時点で濃厚接触者は2名です。
 390人目から393人目までの4名は、114例目30代女性職業非公表の濃厚接触者で、自宅に集まり会食をしていた方々です。会食には11名が参加し、5名が陽性、6名が陰性でした。会食の席でクラスターが発生したと考えます。今後関係先に感染が広がらないよう迅速に調査していきます。
 390人目と391人目は、ともに年代、職業非公表の女性です。現時点で390人目の濃厚接触者は12名、接触者は8名です。濃厚接触者のうち4名と接触者8名は市外の方で関係先へ情報を提供しています。391人目の濃厚接触者はいません。
 392人目は、30代男性自営業です。現時点で濃厚接触者はいません。
 393人目は、年代、職業非公表の男性です。現時点で濃厚接触者は5名です。
 新規の394人目は、居住地以外は非公表です。現時点で濃厚接触者はいません。

 連日感染者が確認されています。陽性が確認された方を公表すると「どこで」「職業は」といった情報が注目されます。それよりも「生活のどのような状況でリスクが高いのか」という感染回避のための情報に着目してほしいと考えます。
 これまでの事例からいくつか紹介しますと、一つ目、20代から50代までの活発に活動する年齢層の方が、繁華街や郊外の飲食店のほかご自宅などでマスクを外して会食し感染したと思われる事例が目立ちます。本日公表したクラスターも自宅に招いての会食でした。二つ目、徹夜のカラオケでマスクを外して歌い、マイクを使い回して感染していた若者の事例、三つ目、発熱など症状が現れているにもかかわらず仕事や会食などに参加していた事例、四つ目、新型コロナウイルス感染症は症状が出る2日前の全く元気な時から周囲の人に感染させる可能性があり、たまたまその期間に実家で高齢の方と会食していたという事例などがあります。
 市民の皆さんにお願いです。一つ、飲食は最も感染のリスクが高くなる生活の場面の一つです。家族などいつも一緒に居るメンバーで、少ない人数で短い時間で、大声での会話を避けるなど最大の注意を払ってください。二つ、新型コロナウイルスの予防策であるマスクの着用を徹底してください。食事中に会話する場合にも、マスクを着用したりハンカチで口元を覆ったりしてください。飲食店の皆さんにもマスクの着用を徹底するようお願いします。三つ、明日が仕事始めの方も多いと思います。発熱など風邪の症状がある場合は、職場にウイルスを持ち込まないためにも絶対に無理をして出勤しないでください。事業者の皆さんは従業員への徹底をお願いします。そしてかかりつけ医か受診相談センター、089-909-3483に電話で相談し、受診してください。
 最後に、この冬はコロナ禍で初めての冬です。初詣なども時期をずらして密集を避け、静かな年始をご自宅でお過ごしください。帰省先や旅行先から戻った方は「もしかしたら感染しているかもしれない」ことを念頭に健康観察に努めてください。また基本的な感染対策を徹底するほか、周囲の人との接触や会食を控えるなど大切な人に感染させてしまわないよう十分注意してください。ご自身を守り、大切な家族を守り、地域を守るため、市民の皆さんのご協力をお願いします。
 以上です。

お問い合わせ

秘書課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館3階

本文ここまで

サブナビゲーションここから

記者会見

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで